トップ 差分 一覧 ソース 置換 検索 ヘルプ ログイン

萌え小説 22

うちの子ご自由にお描き下さい同盟



FC2 Links: 官能小説 小学生 ロリ ブルマー

はじめてのおパンツ


 ボクはシャワーを浴びて、体を念入りに洗った。
 特におちんぽ。
 澄子ちゃんにタップリ、塗り付けられてたからね。
 チョコの匂いが心配。
 気になって鼻を股間に近づけようとしたけど、背中が痛くなっちゃったよ…。
 うん。そうだね。
 ボクって、体が固いんだ。
 誰かに確かめてもらおうか…?
 男子はイヤだから、やっぱり女子に頼むしかないね。
「ね、ねぇ、おちんぽの匂い、嗅いでみて…。
 チ、チョコの匂い、する…?」
 ヘンタイさんだよ…それじゃ…。
 気になるけど、気にしないことにしよう。
 うん。そうだね。ヘンな日本語だね。
 でも英語でいっても、フランス語でいっても、ヘンに変わりないよね。
 中国語なら大丈夫なのかな…?
 矛盾ばっかりの国だから、きっとおかしくないだろうね。

 そうしてサッパリすると、ボクは体育館に行ってみることにした。
 もちろん、美代ちゃんを捜すため。
 体育館には何人かの男子女子がいた。
 でも、美代ちゃんの姿はなかった。
 どこにいるんだろう…美代ちゃん…。
 ボクは入ってきた戸口の脇に、ヘタリ込むように座った。
 どうしようか…。
 校舎を捜してみようか…。
 でも美代ちゃんもボクを捜してたら、ココにいた方がいいよね…。
 でも…捜してなかったら…?
 その理由を考える方が、こわかった。
 ボクは思考を閉じるみたいに、ふざけあってる男子と女子を眺めてた。
 そういえば…早川さんもいないな…。
 ふと気づくと、ボクの隣に人の気配があった。
 早川さんが立っていたんだ。
「あとでホテルに来て。
 わかんなかったら、清太に聞いて」
 早川さんはボクを見ずにそういうと、ボクに背を向けて歩きだした。
「は、早川さん、話しが――」
 慌ててボクは立ち上がって、早川さんを引き止めようとした。
「美代ちゃんなら階段のトコ。
 早くしないと、いなくなっちゃうわよ」
 早川さんの後ろ姿がそういうと、ボクは反射的に戸口の方を見て。
 目を戻した時には、早川さんは遠くにいた。
 一瞬、ボクは躊躇して、体育館の外へ足を向けた。


“階段のトコ”
 どこの階段だろうと思ったけど、そう苦労はしなかった。
 体育館からそう離れていない、渡り廊下そばの階段。
 そこに美代ちゃんは、人待ちげに立っていた。
「美代ちゃんっ!」
「鈴代くん…」
 美代ちゃんはボクを見ると、目をそらすみたいに顔を伏せた。
「捜してたんだ」
 ちょっとイキがあがったボクは、荒い息が納まるのを待った。
「あ、あのね…」
 美代ちゃんは顔を伏せたまま、おずおずと話しだした。
「鈴代くんの、ちょっと苦しいかな…て」
「……?」
 なんの話しだろう…?
「せ、せっかくの体験教室だから、他のおちんぽも試してみたいし…。
 す、鈴代くんも、そうでしょ…?
 他の人のおまんこに、入れてみたいでしょ?」
 えと。なんの話しを、美代ちゃんはしてるんだろ…?
「また今度、えっちしてね?」
 にっこりとそういうと。
 美代ちゃんは階段をかけ登っていった。
 すると上階から男の子の声が聞こえて、美代ちゃんの声とともに遠ざかっていった…。
「……えと…」
 残されたボクは、なにが起きたのか、なにを言われたのか、理解できないまま。
 その場にただ、立ちすくんでた…。
「いよっ! 巨根・鈴代!」
 ボクの背中を、いきおいよく清太くんが叩いた。
 そうされてやっと、ボクは自分の身に起きたことが理解できたんだ。
「トイレの神様って、やっぱり女の子なんだね…」
「ハァ?!」
 清太くんは目をまん丸くして、素っ頓狂な声をあげた。
「いや…大きいのって、いいことばかりじゃないんだねって話し…」
「ハァ?!」
「ちゃんと説明してみろよ、鈴代」
 どっしりした声は大村くん。
 どうやら清太くんと一緒に、他のみんなも来てたみたい。
「んと……。
 フラれたみたい…ボク…」
「誰に?」
「美代ちゃん…」
「マジ?!」
 一斉に驚きの声があがった。
「うん…マジ…みたい…」
 そういう自分にも、ぜんぜん実感がなかった。
 誰もがなにをいったらいいのか、わからないみたい。
 悪魔が通りすぎたみたいに、しばらくの間、気まずい沈黙だけになった。
「ちょっと待ってろ、鈴代〜」
 そうオヤジくんがいって。
 どっかにいって、なんか持って戻ってきた。
「これ、やる。だから元気だせ」
 差し出したのは、丸めた白い布だった。
 ボクはそれを受け取って、拡げてみると、クマさんのプリント…。
「パ、パンツ?!」
「佐藤 美代のだ。
 使ってないから安心しろ」
 オヤジくんがそういうと、みんなが口々に口を開いた。
「おまえ、どっから盗ってきたんだよ!」
「更衣室。
 鍵かかってるけど、ヒミツの抜け穴があるんだ」
「てか、使ってないって、使う気だったのかよっ!!」
「うむ。
 この匂いが、堪らないんだ」
「オヤジ…変態すぎ…」
「みんなもキメてみるか〜?
 他の子のもあるぞ〜」
 オヤジくんはそういうと、みんなの前に袋をひろげて見せた。
 その中には、色とりどりのおパンツ…。
 突然、みんなの目の色が変わった。
「お、オレ、恵子のな」
「オレ、みすずのっ!」
「ずりぃっ! みすずちんはオレがもらうんだっ!!」
「みんな変態だな…オラ、恥ずかしいぞ」
 ボクも含めて、みんながオヤジくんに振り向いた。
「おまえがいうな、オヤジっ!」

「い、いいか?
 みんないっせいに、だぞ?」
 清太くんがそういうと、みんなで押し黙ったまま頷いた。
 ボクらは円陣を組んで、それぞれ両手にパンツを拡げてた。
 さすがに変態行為の自覚があるのか、誰も一番にはなりたくないみたい。
 それで、一斉に、っていうことになったんだ。
「せぇ、のっ!」
 清太くんの声がかかると、顔を洗うみたいにして、みんな一斉にパンツへ顔を埋めた…。

 ボクの顔を柔らかい布の感触が包んだ。
 ほんのり、美代ちゃんの匂いがしてくる…。
 その匂いは、美代ちゃんを思い起こさせ…。
 美代ちゃんが恋しくて、えっちしたくて、哀しくなっちゃう…。
 もうさせてもらえないのかな…。
 でも…。
 “タマにえっちしてね?”っていってたよね…。
 じゃ、フラれたんじゃないのかな…?
 うん…。そうだね…。
 女の子って、よくわかんないや。

「ど、どうだ?」
 清太くんの声は、まだパンツに埋もれてた。
 他のみんなも、まだパンツに顔を埋めてるみたい。
「な、なんか…ドキドキ…?」
「ムラムラだな…恵子とシたくて、堪ンなくなってきた…」
「み、みすずちんの匂いだ〜…ハァ…しあわせ…」
「だろ〜」
「オヤジ…オレ、ちょっと尊敬した…」
 でも…。
 考えてみたら…。
 ボクたち、直立で円陣くんで、一斉にパンツに顔を埋めてるワケで…。
「オレたち、マヌケじゃね?」
 ゴローくんがみんなの気持ちを代弁した。
「……いうな…」

 そのあと、みんなは小田先生のトコに行くって、ボクと別れた。
 なんだかんだいって、みんな、小田先生が好きなんだね。
 ボクは苦手だけど。
 ボクも誘われたけど、遠慮した。
「鈴代がいれば、今度こそイカせられると思ってたんだけどなぁ〜」
 なんて、みんなは残念がってたけどね。
 フラれたことがショックで、そんな気が起きなかったんだ。
「あ。そうだ、鈴代」
 別れ際、清太くんが思い出したようにいってきた。
「ブータに気をつけろ。
 なんか、妙な動きがあるって、タレこみがあったんだ」
「妙な動き?」
「よくわからねぇけど。
 おまえ、一番、恨みを買ってるからな。
 なんかあったら、オレたちにいえよ?」
「うん。ありがとう」
「元気だせよっ!」
 って、ポンっと背中を叩かれた。
 うん。そうだね。
 仲間って、やっぱりいいもんだね。
 笑いあって、助け合って、慰め合って。
 いつかみんなにも、そうしてあげたいね。



0001303



[ Prev: 21 はじめてのホテル ] - [ FrontPage ] - [ Next: 23 はじめての個人授業 ]


↑署名の御協力をお願いします。





当コンテンツの著作・配布の権利は、右巻きソフトウエアが所有しています。
al999 @ migimaki.com
Copyright(C) 右巻きソフトウェア http://migimaki.com/