トップ 差分 一覧 ソース 置換 検索 ヘルプ ログイン

萌え小説 06

うちの子ご自由にお描き下さい同盟



FC2 Links: 官能小説 小学生 ロリ ブルマー

はじめてお姉さん


 体育館へ戻ると、まっさきに佐藤さんの姿を捜した。
 そちこちに、えっちしている子たちや、話しをしている子たちがいて、その中に佐藤さんの姿はないみたい。
 残念。食堂でもここでも、佐藤さんとはスレちがいみたいだね。
「はじめくん…?」
 ちょっと離れたところから、春子お姉さんの声がした。
「やっぱり、はじめくんね」
 メガネをかけてないから、ぼんやり見えてたんだろね。
 目をちょっとしかめて、裸のお姉さんが近寄ってくる。
 ボクはお姉さんの裸から目をそらせて、返事みたいなものを返した。
「はじめくん、やっと食べ終わったのね」
「う、うん。おかわりしてたから」
 うそじゃないよ?

 お姉さんが立ち去ってから、ボクはスープを一回、おかわりした。
 あんなにおいしくなかったのに、不思議。
「鈴代くんがおかわりなんて、はじめてじゃない?
 先生、うれしいな」
 って、ゆり先生が微笑んでおかわりをくれた。
 学校の給食では、放課後まで食べてることがあるから、おかわりなんてはじめてだね。
 ちなみにゆり先生は、裸の身体にエプロンをつけてた。
 胸はエプロンで隠れてたけど…脇からおっきな乳房がハミ出てた…。
 足には黒いストッキングを履いてて、ボクは綺麗な足を盗み見ながらスープを口にしてた。
 そうして、佐藤さんがこないか待ってたんだけど。
 食堂に入ってきたのは、ブータたちだった。
 今日はまだちょっかい出してこないけど、見つかったらなんかいわれそう…。
 ボクはスープを煽るように一気に飲んで、そそくさと食堂から出てきたんだ。

「そんなんじゃ、鞘子ちゃん、誰かにとられっぱなしよ?」
 クスリと笑う春子お姉さんの言葉には、ビミョーなニュアンスがあるみたいで。
「は、早川さんとはそんなんじゃないよ」
 つい強い口調でいっちゃった。
 お姉さんはクスっとすると、
「あ…」
 と、小さく呟いた。
「タレてきちゃった…」
 俯くお姉さんの目線を追うと。
 お姉さんのおまんこから、白い液体が漏れ出て、ムッチリした太股に伝っていた…。
 ボクはハッと辺りを見回し、手近なところにあったティッシュ箱から、ティッシュを何枚か持ってきた。
「ありがとう。
 はじめくん、昔から気が利くわよね」
 お姉さんはティッシュを受け取ると、それをお股に当てて、拭うように拭き取りだした。
 なんか、ヤラしい光景だよね…やっぱり…。
 ボクは目の端っこで見ながら、そんなことを思った。
「はじめくん、今日、シャワーした?」
 お姉さんが、拭き取りながら聞いてきた。
「うん。お風呂なら、朝くる前にはいったよ?」
「もう…やっぱり男の子ね……」
 お姉さんはティッシュを丸めて、ため息をついた。
 なにかいけなかったのかな?
「一緒にシャワーしようか?
 洗いっこしよ」

 ボクは春子お姉さんに手を引かれて、シャワー室に入った。
 ボクの学校は、スポーツにも力をいれてるらしくて、ちゃんとお湯の出るシャワー室があるんだ。
 お姉さんに背中を押されるみたいに、ひとつのシャワーブースに入ると、お姉さんはさっそく蛇口をひねった。
「えっちした後は、ちゃんとシャワーしなきゃダメよ?」
「そうなの?」
 ボクは、湯加減を確かめるお姉さんに聞きかえした。
 汗をかくことはたしかだけど。
 体験教室では、一日に何回シャワーすることになっちゃうんだろ?
「女の子は、匂いにビンカンなんだからっ!」
 人指し指で、チョンっとボクの鼻を叩いた。
 もう…。お姉さん、幼稚園の子供にするみたいに…。
 ボクだってもう、初等部の中学年なんだよ?
 ムッとするボクを見て、お姉さんはくすっとした。
「ほら、好きな子とえっちするとき、他の子の匂いしたら、イヤでしょ?」
 うーん…そうなのかも…。
 イマイチ、ピンとこないけど。
「もう。そんなことじゃ、鞘子ちゃんにキラわれちゃうぞ?」
 もう。なんでここで早川さんがでてくるんだろ…。
 そりゃ、早川さんのことはわるく思ってないけど…ヒヤかされるようにいわれると、おもしろくない。
 ボクは鼻に皺を寄せるものの、そんなに機嫌はわるくない。
 お姉さんの裸は十二分魅力的だし、なにより一緒にこうするなんて、ひさしぶりだから。
 うん。お姉さんとのお風呂は、はじめてじゃないんだ。
 以前はタマに、一緒にお風呂することもあって…。
 ボクのおちんぽが大っきくなるようになってからは、一緒しなくなった。
 そういうわけ。
 早川さんには“はじめてみた”っていったけど、ウソじゃないよ?
 あんな間近で、ちゃんとおまんこ見たのは、はじめてだったんだから。
「大きくなったわね〜」
 ボクの体にシャワーを浴びせて、お姉さんがそういった。
 ボクはつい顔が赤くなって、前を隠しちゃった。
「いやねぇ、もう。
 体つきのことよ?」
 愉快そうに、お姉さんがくすくす笑う。
 あぅ…春子お姉さん、ワザといってない?
「最後に一緒に入ったときは、このくらいだったっけ?」
 お姉さんは、なにかをツマむみたいに、人指し指と親指で大きさを表現した。
「それじゃ、ミジンコだよ」
「うふふっ。成長したね〜。
 毎日あってるのに気づかないなんて、ヘンだね。くすっ!」
 そういうお姉さんは、もうすっかりオトナの体。
 胸はまだ小さいけど、ちゃんとオッパイって大きさだし。
 腰も細くくびれてて、お尻もまん丸く大きい。
 アソコにも、うっすらの毛が生えてる…。
 一緒にお風呂してたころには気づかなかったけど。
 女の子の身体って、こうもかわるんだ…。
「うふふっ! はじめくんもオトコのコなんだね。
 おっぱいがそんなに気になる?」
「え、えっとぉ…」
 コクン。
 言い当てられた恥ずかしさから、頷き、俯いちゃった。
「そっか〜。うれしいな〜。
 あたしのおっぱいも、捨てたモンじゃないわね♪」
 お姉さんが、ホディソープつけたスポンジで、ボクの体を洗ってくれる。
 膝立ちみたいな感じだから、目線はボクと同じで…どうしても、お姉さんのおっぱいが目に入って、気になっちゃう…。
「緑川先生、おっきいよね。びっくりしちゃった」
 ゆり先生が小降りのスイカなら、お姉さんは桃…かな?
 ボクの両手に余るくらいのおっぱい。
 まだ中等部だから、これからドンドン大きくなるのかな…?
 ゆり先生みたいなお姉さんか…。
 想像したら、おちんぽがピコンとした。
「はじめくんは、どっちか好き?
 緑川先生みたいに、おっきいのが、やっぱりいい?」
「ボクは…お姉さんくらいがいい」
 迷ったけど、そう答えた。
「うふふ。下心ミエミエだぞ、こらっ!」
 ツンとほっぺたをつっつく。
 う〜。どこまでも弟みたいな扱い。
 これじゃ、えっちはさせてくれそうにないね…。
「お、お姉さんも、おっきくなったよね」
 ボクは黙っているのも気まずくって、そういってみた。
「でしょ?
 えっちするようになってからかな?
 胸って揉まれると、大きくなるんだって」
 ホントかなぁ…?
「はじめくんは、どう思う?
 お姉さんのおっぱい、おっきくしてくれる?」
 うん、って答えたら、触らせてくれるのかな?
 またミエミエって一笑されそう…。
 でも、触りたいのは事実だし…。
「くすッ!」
 返事に困るボクをみて、お姉さんはまたクスリと微笑った。
 う〜…。なんかイジワルだよ、お姉さん…。
 でも、イヤじゃないな。この感じ。
「う〜…。また漏れてきちゃった…」
 見るとお姉さんのおまんこから、また白いモノが漏れてた。
 さっきよりトロッとした感じで、太股に滴の玉が伝ってる。
「なんか、お漏らしみたいだね…」
「もう。イヤな言い方だぞ、はじめくん…」
 お姉さんは口を尖らせると、パッと顔を輝かせた。
「そうだ。はじめくん、洗ってくれる?」
「え? ボクが?」
「うん。キレイにしてくたら、させてあげてもいいわよ?」
 それって、キレイにする意味あるのかな…?
 ていうか、またお姉さん、ボクをからかってない…?
 ボクの疑惑の目に、お姉さんは微笑だけで答える。
 まぁ、いいか。
 別に断るほどでもないし、お姉さんのおまんこ、よく見てみたいもんね。
「うん…いいよ…」
 そう答えを聞くと、お姉さんは立ちあがった。
 そして足を軽く開いて、自分のおまんこを拡げた。
 なんか、立ちションするみたいな格好…。
 ボクはそんなふうに思うと、お姉さんの前にしゃがみ、下の方からおまんこにシャワーを当てた。
「ンっ…」
 お湯を股間に受けて、お姉さんはちょっと呻くみたいな声を漏らした。
「シャワー、気持ちいい…」
 ボクには、お姉さんがどんな表情でいったのかはわからない。
 なぜなら、目の前にあるおまんこに目を奪われてたから。
 お姉さんのおまんこは、早川さんのと、形がちがう気がした。
 まぁ、あのときは頭に血が上ってて、記憶はアヤフヤだけど…。
 おまんこの毛は当たり前としても。
 割れ目のとこに、ビラッとしたのはなかった気がするし…。
 こんなにパックリ割れ目が開いて、薄紅色の中身が見えてなかつた気もする…。
 覚えてないだけかな…?
「はじめくん…興味津々ね……」
 お姉さんの声には、ちょっとはにかんだみたいな色があった。
「男の子とちがって、ちょっとグロテスクでしょ…?」
「うん…」
「もう。正直にいうなぁ〜。
 お姉さん、傷ついちゃうゾ」
「あ。ご、ごめん…」
「うふふ。気にしないで。
 お姉さんもそう思ったことあるし。
 男の子のおっきくなったおちんぽで、ビックリしちゃったこともあるし…お互いさまね」
 おまんこの中から、白い液体が少しずつでてきた。
 それはすぐシャワーのお湯に流れちゃったけど、まだ中に残ってそう…。
「指、入れていい?
 掻きだすから」
「うん。そうして」
 お姉さんの頬、ちょっと火照ってた。
 シャワーのせいかな?
 ボクは人指し指をおまんこに入れようとして、ちょっと躊躇った。
 いきなり入れたら、お姉さん痛がるよね…。
 早川さんの時は舐めてあげたけど…この白いのって、他の子の精液だもんなぁ…。
 少しずつ、お姉さんの様子みながら、奥へ入れていけばいいか…。
 そう思ってボクは、最初は撫でるだけにしてみた。
 お姉さんはちょっとビクッとしたけど、だいじょうぶみたい。
 おチョボに開いた入り口の周りを撫でて、指の頭をちょっと入れて、ひっかけるみたいに掻きだして…。
「うふ。そんなにこわがらなくても、だいじょうぶよ?」
 お姉さんにいわれて、ボクは安心して、もうちょっと奥に入れてみた。
 そして弄るようにしてから、指をいったん出してみた。
 お姉さんは痛がることもなく、白いのがちょっと出てきた。
 続けてまた、おまんこの中に指を浅くいれて、掻きだす…。
 そうやって、シャワーを当てながら、指を奥まで入れていき、掻きだすことを繰り返す。
「…ンフ……」
 お姉さんが、鼻にかかった甘い微笑を漏らした。
 指をいれて、中を弄って、掻きだして…。
 お姉さんの中、だんだん、ヌルヌルしてきたみたい…。
 それに、なんか掻きだす度に、奥からどんどん、白いのが出てくる…。
「お姉さん…何人とシたの…?」
「えっとねぇ…」
 と、指折り数えるお姉さんに、ボクは苦笑い。
「午後からは、四人かしら…?
 中に出されたのは、…五回…六回…?
 あとは口と…おっぱいにかけた子もいたかしらね…」
「お、お姉さん、積極的なんだね…」
 なんか、ボクの知ってる春子お姉さんじゃないみたい。
「体験教室だもの。
 いっぱい楽しまなきゃ、ソンでしょ?」
 にっこり、お姉さんは微笑んだ。
 それからちょっともしないうちに、白いのは出てこなくなった。
 うまく、全部掻きだせたのかな?
「ありがとう、はじめくん。
 ふぅ…お陰で、かるくイッちゃった!」
 吐息をついて、お姉さんは元気にそういった。
「ホントにイッたの…?」
 心に浮かんだ疑問を、ボクはそのまま口に出していた。
「うんっ! かるくね。
 それがどうかしたの?」
 釈然としないボクを見て、お姉さんは頬に指を立てた。
「だってボクの場合、ヘトヘトになっちゃうのに…」
 お姉さんは、逆に元気になってるみたい。
「ああ…なるほど…。
 はじめくん、まだまだ子供なのね」
 疑問の意味がくめたのか、お姉さんはくすっとした。
 ボクはちょっと、ムッとしちゃった。
「あ。ごめん、ごめん。悪気はなかったの。
 ええとねぇ…。
 女の子のイクって、男の子とはちがうの」
 ちがう…?
 まぁ、女の子は精子出さないけど…。
「男の子がイクのって、出したときよね?
 女の子は、何回もあるの」
「何回も?!」
 一回でもスゴイのに…あんなのが何回も…。
 ちょっと想像できない。
「こう…なんいていうのかしら…。
 波、みたいな感じ…?
 小さかったり、大きかったりが…こう…ね?」
 お姉さんが、手を波に見立ててくねらせる。
「ヘタな子相手だと、ぜんぜんイカなかったりするけど。
 あ。はじめくんは、上手だったわよ?」
 フォローをいれてくれるけど、ボクはぜんぜん気にしてない。
 それより、もっとくわしく聞きたかったんだ。
 お姉さんはそれがわかったのか、話しを続けてくれた。
「あと、個人によってもちがうみたい。
 終わったあとは、腰が立たないくらいになっちゃう子もいるし。
 あたしはまだそういうの、経験したことないかな。
 逆に元気になる感じかしら?」
「疲れないの?」
「う〜ん。少しだけね。
 でも、白くてドロドロ、熱〜い精液を出されると、もっと欲しくなっちゃうから。
 もっとシたくなっちゃうのね」
「ふ〜ん」
 それで春子お姉さん、別人みたいにハイテンションなのかな…?
 それにしても…。
「女の子ってすごいなぁ…。
 男の子から元気とっちゃうんだ…」
「うふふっ。そうかもねっ!」
 お姉さんは微笑むと、ボクの肩に手をかけた。
「さ。今度はあたしが洗ってあげる番ね。
 背中を向けて」
 ボクはお姉さんの手に従い、くるっと背中を向けた。
 なんだ。結局、えっちさせてくれないんだ。
 少し残念に思うと、背中になにやら柔らかい感触があった。
 スポンジとはちがうし…、なんかあったかい…。
 なんだろ…?
 そう思って首を後ろに回したら、お姉さんがおっぱいを背中に擦りつけてた。
「気持ちイイ?」
 お姉さんが、おっぱいでボクを洗ってる…。
 ボクはびっくりして、ポカンとしちゃった。
「子供扱いすると、はじめくん、怒るでしょ?
 だ・か・ら、オトナの洗い方。ね?」
「オ、オ、オト、オトナって…」
 大人って、こういう洗い方するの…?
 身体をピッタリくっつけて、人肌のぬくもりが気持ちよくて、柔らかいおっぱいが…。
 お、おちんぽ、おっきくなっちゃう…。
「なぁに? はじめくん?
 はっきりいわないと、お姉さん、わかんないよ?」
 お姉さんが、からかうようにいってくる。
 たぶんボクの顔は真っ赤で、そんな顔でドモるボクを楽しんでるんだ。
「う〜…お、お姉さんのいじわるぅ…」
 ボクはなんか悔しくて、ようやっと出てきたのは、そんな情けない言葉…。
「もう〜♪ かわいいなぁ〜、はじめくん〜♪」
 チュッとボクのほっぺたにキスをした。
 けど、それは陽動作戦。
 ボクが油断した隙に、お姉さんは手を前に回してきた。
「あっ! ダメッ! そ、そこは…っ…!」
 お姉さんがあまりにもあっけらかんとしてるから、うっかりしてたけど…。
 ボクのおちんぽは、お姉さんのおまんこを洗ってたお陰で、けっこうな大きさになってたんだ。
 こんなの知られたら、またからかわれるネタにされちゃう…。
「そ、そこは…自分で洗うよぉ〜っ〜」
「ダ・メ。
 大事なところなんだから、ちゃんと洗わなきゃ。ねっ?」
 う〜…。もうしっかり、おちんぽを掴まれてるし…。
 こう後ろから抱きつかれちゃったら、逃げるに逃げらないし…。
 ボクは観念して、お姉さんのオモチャになるしかなかった…。
「は〜い。キレイキレイにしましょうねぇ〜♪」
 もう…どこまでも子供扱いのお姉さん…。
 自分でだって、ちゃんと洗えるよぅ。
 ボクはそういいたかったけど…。
 お姉さんの手は、タマタマをモミモミしたり、棒をやさしく摩ったり…ハァ…気持ちよくて、反抗する力が失せちゃった。
 シャワーのお湯のせいもあるのかな?
 なんか、うっとり、ポーっとしてきちゃう…。
「ホント…おっきくなったねぇ…」
 いつの間にやら手が止まってて。
 お姉さんはボク越しに、おっきくなったおちんぽを、じぃ〜と見つめていた。
 よほど感心してるのか、口までぽかんと半開き。
「は、春子っ! はしたないっ!」
 本当に恥ずかしくって、思わず、お隣のおじさんみたいにいっちゃった。
 そしたらお姉さんは、ハッと赤面した。
「そ、そんなことないよ? ね?」
 なんて、笑ってゴマかしてるけど…。
 目線はボクのおちんぽ。
「ねぇ、はじめくん?
 お姉さんに、もっとよくみせて? ね?」
 猫撫で声が、なんかヤラしぃ…。
 それでもボクは、お姉さんへ正面を向いた。
 恥ずかしいけど、しょうがない。
 そうしないと、場が納まりそうになかったんだもん…。
 お姉さんは外してたメガネをかけると、シャワーをボクの股間に当てて、ホディソープの泡を取り除いた。
 敏感なトコにお湯が当たって、ボクは堪らず呻いちゃった。
 でもお姉さんは、全然、気にも留めてないみたい。
 じぃ〜とおちんぽを見つめて、独り言いってる。
「高木くんより…おおきいかも…まさか、初等部なのに…でも…」
 高木くんって、誰だろ? お姉さんの彼氏なのかな…?
 気にはなったけど、それより、マジマジ見つめる視線がイタイ。
 う〜。恥ずかしいなぁ…もう…。
 堪らず前を隠そうとしたら、その手をお姉さんが掴み止めた。
「コレ…はじめくんの、だよね…?」
「そ、そうだよ?」
 ほかに誰のだっていうんだろ…。
「おちんぽなんて、借りられないよ?」
「だ、だよねぇ〜」
 なんて、また笑ってゴマかす。
「むぅ〜…ヨシ、計ってみましょうっ!」
 なんて、また独りごちてる。
 なんか、コワイよ、お姉さん…。
「はじめくん、えっちしよっ!」
「え? ココで?」
「ホラ。約束だし。ね?
 洗ってくれたお礼。ね?」
 う〜…お礼っていうか…元気吸われちゃいそうだよ…。

 ボクの知ってる春子お姉さんは、えっちとは縁のないようなお姉さん。
 清楚でやさしくて、慎ましやか。
 物静かで本が好きな図書委員。
 海パン姿の男の子を見ても、顔を赤らめるような女の子。
 だと思ったのに…。
 目の前にいる春子お姉さんは、えっちが好きで好奇心旺盛な女の人。
 ホントにボクの知ってる、お姉さんじゃないみたい…。
 うん。そうだね。女の子ってわかんないね…。
 とはいえ。
 えっちさせてくれるんだし…。
 ボクもえっちしたいし…。
 なにより、憧れのお姉さんとのえっちだもの。
 断る言葉なんて、ボクは知らないよ?

 お姉さんはしゃがんで、壁に背をもたれると、足をMの字みたいにした。
 早川さんとした時とおんなじ感じだけど、上半身が少し起きてる。
 シャワーブースは狭いから仕方ないね。
 お姉さんがおまんこを拡げてくれたから、入れる口は迷わなかった。
 ボクは早川さんに教えられたようにしてから、お姉さんにしがみつくように、おまんこの中へおちんぽを入れた。
「…ン…ちょっと…キツイ…かな…」
 お姉さんは呻くように呟き、ボクも同じように吐息を漏らした。
 お姉さんの中は、ちょっと狭い…。
 そういえば、小田先生がいってたっけ。
 “ちゃんと準備しないと、おちんぽ折れちゃう”って。
 お姉さんのおまんこ、準備が整ってなかったのかな?
 体勢もあるだろうけど、ボクのおちんぽは全部はいりきらず、ちょっとだけ余ってた。
 動かせるかなぁ…。
 ボクはお姉さんの了解を得ずに、腰を動かし始めた。
 やっぱり、この体勢だと動きにくい…。
 ボクはヘコヘコ、腰を動かすしかなかった。
「…ん…んん……」
 お姉さんも体勢がツライのか、呻くような声で気持ちヨクなさそう…。
 ボクは気持ヨクないわけじゃないけど…おちんぽの出し入れが浅くて、腰ばっかりが疲れちゃう。
「お姉さん…ボク、疲れた……」
 おちんぽもジンジンする。
「…ん、もう…失礼だぞ?
 女の子にいれてる最中なのに…」
 お姉さん、ホントに不機嫌そう。
「でも、お姉さん、苦しそうだし…」
 お姉さんはしっとり汗をかいてて、髪が額や頬に張りついてた。
「この体勢だと動きにくいし…」
「うん…そうねぇ…。それもそうよねぇ…」
 ボクがおちんぽを抜いて身体を離すと、お姉さんは肩を下に横に寝そべって片足をあげた。
 太股のあいだに、薄紅色のおまんこの中が丸見え…。
 早く入れってって感じで、お姉さんのポーズは、とってもはしたない。
 ピョコンと、ボクのおちんぽは大きさを増しちゃった…。
 お姉さんの下半身は、シャワーブースからはみ出てて、端からするとマヌケだけど。
 他に人はいなくなったみたいだから、気にすることもないね。
「あ。そうだ。
 こっちにきて、はじめくん」
 なにかを思いついたみたい。
 お姉さんの側に寄ると、お姉さんはボクのおちんぽに、ボディソープをかけた。
 ひんやりした感触で、ボクは堪らず「ウッ」ってなっちゃった。
「それで入れてみて」
 なんか意味あるのかな…?
 ボクのおちんぽ、なんか、たっぷりコンデンスミルクをかけられたみたい…。
 ボクはお姉さんの片足に跨がるようにして、再びおちんぽをおまんこに入れた。
 さっきよりはスムーズに入った感じ。
 ボディソープのせいかな? さっき入れたお陰で、おまんこが緩んでくれたのかな?
 なんにせよ。ボクはお姉さんの太股を抱えて、腰を動かしだした。
 うん。動きやすくてイイ感じ…。
 おちんぽも全部入ったし…。
 ヌルヌルしてて、おまんこの中も気持ちイイ。
「あ…いい…はじめくんの…おっきくて…気持ちいい…」
 ほどなくして、お姉さんが心地よさそうな声を出した。
 にゅるにゅぽ、にゅるにゅぽ…。
 繋がってるお姉さんのおまんこも、歓んでるみたい。
 もちろん、ボクのおちんぽも歓んでる。
 なんか、お姉さんの中で、ちょっと大きくなったみたい…。
「…あん…おおきくなった…。…もう…はじめくん……お姉さん、困らせないで…」
 そういいつつも、お姉さんは全然、そんなふうには見えなかった。
「お姉さん、全然困ってないよ…もっとシてあげる…」
 お姉さんの中は気持ちよくて、言葉でいうほど、ボクも余裕はないけど…。
 さっきまでボクをからかって困らせてたお姉さんが、ボクのおちんぽで喘いでいるのは、とても興奮しちゃった。
 繋がっている元に目をやると、おちんぽがお姉さんの中に、出入りしてるのが丸見え…。
 にゅぽにゅぽ、ニチャニチャ、音を立てながら、おちんぽがおまんこの中を掻き混ぜ、ホディソープの白い小さな泡をつくってる。
 お姉さんの中まで、ボクのおちんぽが洗ってるみたい。
 そう思ったら、すごくドキドキして、興奮しちゃった。
「お姉さん…ボク…おちんぽで、お姉さんの中洗ってるみたい…」
「…うん…もっと洗って…もっと…もっと奥まで…はじめくんのおちんぽで…洗ってぇ……」
 もとめられるままに、ボクは大きく腰を動かした。
 ニチャニチャいってたおまんこが、グチャグチャいうようになって、ボクのお腹がお姉さんにぶつかって、パチン、パチンいってる。
「あぁ〜…いいよぉ…すごく気持ちいいよぉ〜…。
 …高木くんより、おっきいよぉ〜…はじめくんの…スゴイよぉ〜……」
 あられもないお姉さんの声。
 “高木くん”がダレかは知らないけど、お姉さんをブン捕ったみたいで、鼻息が荒々しくなっちゃう。
「いいの…? …お姉さん…ボクのおちんぽ、気持ちイイ…?」
「…うんっ…スゴイ……こんな…奥まで…はじめて……」
 ボクはもっとなにかしてあげたくて、抱えるお姉さんの足にキスをした。
 するとお姉さんはびっくりしたのか、ビクビクと震えた。
 おまんこの中まで震えて、それがなんか、おもしろくて気持ちよかった。
 ボクは、チュッチュッとキスを繰り返し、舌を出してネットリ、お姉さんの足を舐めだした。
 白くて柔らかい、お姉さんのふくらはぎ…。
 洗ったばかりだから汚いなんて思わなかったし、なによりすごく興奮していて頭によぎることもなかった。
「…く、くすぐったいぃ…はじめくぅん……」
 そういうワリには、お姉さんは歓んでるみたい。
 ハケで絵の具を塗るみたいに、舌をお姉さんの足に走らせ、丹念に唾液を塗りたくった。
 そうしてたら、おまんこの中がジンワリして、すごく熱くなった…。
「…お、お姉さん…ボ、ボク…もう出ちゃう…」
「…ウン…ウン……いいよぉ…ハァ…ァ…もっと……」
 お姉さんは荒い吐息で上の空。
 ボクはもう我慢しきれなくなって、奥までグィッとおちんぽを押し込めた。
 ドピュッ!
 ドドピュッ、ドピュッ、ドピュッ!
 ボクは強い快感のせいで、腰を迫り出した姿勢のままで、何度か射精を繰り返した。
「ウンくッ!」
 ちょっと遅れて、お姉さんの鼻にかかった呻きを聞いた気がした。
 なんか、いままでで一番、甘い声…。
 それでまたボクは、脈動の快感を覚えたんだ…。

 ボクが体を離しても、お姉さんは寝ころんだまま。
 ハァ…ハァ…とゆっくり、息を繰り返してた。
 大丈夫かなぁ…春子お姉さん…。
 いっぱい出しすぎちゃったかな…?
 実は、お姉さんからおちんぽを抜くのは、ちょっとした苦労だったんだ。
 出した後、すぐには離れがたかったこともあって、繋がったままでいたんだ。
 それでお姉さんの顔見てたら、お姉さんの目が潤んでて、なんか、すぐおちんぽが硬くなっちゃって…抜かずにまたえっちしちゃった。
 その後、お姉さんの中で射精して、抜こうとして腰を引いたら、それで残りがまた出て、立ち往生…。
 だってお姉さんの中、すごく具合がよくなってるんだもん…。
 そんな感じで2回分とちょっと?
 ボクはお姉さんの中にタップリ精液を注いでしまったんだ。
 お陰でホラ…。
 トロッとお姉さんのおまんこから、白い精液がヨダレみたいに垂れ出てる。
 アレ、ボクの精液なんだよね…。
 そう思うと、お姉さんとシた実感が湧き、満たされるような興奮が昂った。
 ていうか、おちんぽがピョコンっと硬くなって、もう一度、入れたくなっちゃった。
「あれ、中等部のお姉さんじゃない?」
 隣のクラスの男の子かな?
 シャワー室に入るなり、お姉さんの下半身を見つけて、まっすぐ駆け寄ってきた。
「お姉さん、ヤッてもいい?」
「…うん…いいよ……」
 男の子の問いかけに、お姉さんは上の空みたいに返事した。
 こころなしか、くんにゃり、身体にも力が入らないみたいにも見えた。
 男の子はなにすることもなく、お姉さんに腰を使いだし、続けてまた何人か入ってきて、あっと言う間にシャワーブースの前に、垣根ができちゃった。
 う〜…。これじゃ、順番は回ってきそうにないね…。
 くしゅんっと、ボクはくしゃみをして、その場を立ち去ることにした。

0002153


[ Prev: 05 はじめてのスープ ] - [ FrontPage ] - [ Next: 07 はじめてクラスメイト ]


↑署名の御協力をお願いします。





当コンテンツの著作・配布の権利は、右巻きソフトウエアが所有しています。
al999 @ migimaki.com
Copyright(C) 右巻きソフトウェア http://migimaki.com/