トップ 差分 一覧 ソース 置換 検索 ヘルプ ログイン

萌え小説 07

うちの子ご自由にお描き下さい同盟



FC2 Links: 官能小説 小学生 ロリ ブルマー

はじめてクラスメイト


 体育館へ戻る道すがら。
 近くの教室から、話し声が聞こえてきた。
 廊下から教室をのぞいてみると、同じクラスの女の子たちが、なにやら話しをしていた。
 仲良し同士かたまって、えっちの話しをしてるのかな?
 みんな、ほんのり頬を赤くして、きゃっきゃっとふざけあってる。
 なんか、かわいいな…。
 普段の教室でみるより、みんな、かわいくみえる…。
 なんでだろ?
 そんな感じで見ていたら、もう一つの入り口から女の子の声がした。
「あ。やだ…」
 同じクラスの市川(いちかわ)さんだ。
 ちょっとぽっちゃり系の女の子で、佐藤さんとも仲良しの女の子。
 全裸に上履きの市川さんは、教室に入ろうとしたみたいで、困ったふうに俯いてた。
「垂れてきちゃった…」
 ちょっと太めの股の内側に、白い滴が線を書いてた。
 かわいいアソコから、注ぎ込まれた精液が漏れてきてるんだ…。
 ゴクンっと、なんでか喉が鳴っちゃった。
「ん、もう…」
 市川さんは困って、前からお尻から手をまわし、おまんこを塞いだ。
 くねっと、シナを作った、丸みのある幼児体系。
 三つ編の髪が幼っぽくて、かわいらしいしぐさを引き立ててる…。
 思わず目を奪われてたら、市川さんと目が合っちゃった。
 市川さん、ポッと頬を染めて、恥ずかしそうに上目づかい。
「ティッシュ、もってないよね…?」
 そう聞かれたけど、当然、持ってない。
 教室の女の子なら…と思ったけど、話しに夢中でこっちには気づいてないみたい。
 ジャマするのもわるいし…と思ったら、ボクはもう着ていたシャツを脱いでた。
「これでもいいよね…?」
 そういいつつ、ボクはしゃがんで、市川さんの足をシャツで拭いてあげる。
「ありがとう…」
 ボクは市川さんの感謝を聞きながら、かわいいおまんこを盗み見た。
 そしてワザとゆっくり、汚れを拭き取ってあげた。
「ごめんネ…シャツ、汚しちゃって…」
「ううん。気にしないで」
 替えのシャツは持ってきてるし。
 こっそり太股の、ぷにっとした感触を愉しんじゃったし。
「さっき、よく拭いたつもりだったんだけどネ」
 市川さんは、ペロッと舌を出して、自分の頭をコツンとした。
「そうなんだ…」
 市川さん、丸顔だけど、…ちょっとかわいいかも。
 普段、話をすることもないから、知らなかったのかな?
「シャワー浴びてくるね」
 そういうと市川さんは、チロッと上目遣いでボクを見た。
「鈴代くんも、どう…?」
「うん。いいよ。洗ってあげる」
 女の子には親切にするもんなんだね。
 ちょっと期待しちゃって、すんなり返事が出てた。
「うん。行こうっ」
 にっこり、歩きだす市川さんに続いて、ボクも歩きだした。

 渡り廊下を、市川さんと並んで歩く。
 市川さんは歩きながら、自分の三つ編みをほどいていた。
 頭をかるく振ると、乱れた髪が頬にかかる。
 なんか…市川さんが、急にオトナっぽくみえて、目を奪われちゃう。
「ん? なんか、顔についてる?」
「う、ううん…」
 ボクはつい、顔が赤くなっちゃう。
 市川さんは、髪になにかついてるのか、とても気にしてるみたい。
 眉根を寄せて、髪をイジくったり、後ろを見回してみたり。
 うん。ちょっと恥ずかしいけど、教えてあげようか…。
「えとね…市川さんって、美人になるのかな…って…」
 いわれて市川さんは、真っ赤になっちゃった。
「や、ヤダ、もう…。
 そんなこというの、鈴代くんだけだよっ、もう…っ!」
 “かわいい”といわれることはあっても、“美人”っていわれることはないのかな…?
 すごく照れてる。
「…もう……もう……」
 すごく照れて、髪の毛をいじってる。
 そうやってしばらくだまって歩いてたら、市川さんは髪の毛をいじりながら口を開いた。
「…鈴代くん……ほんとに…そうおもう…?」
 解いた髪は、三つ編みのせいか、少しウェーブがかかってた。
 ウェーブ越しの上目づかいって、なんだか大人の女性が照れてるみたいだよね。
 だからボクは、正直に答えてあげたんだ。
「うん。市川さん、きっと美人になるよっ!」
 そしたら市川さん、また真っ赤になって。
「…もう……もう……」
 また繰り返し。
 そんな様子は、子供っぽいかわいさ。
 ボクは楽しくなっちゃった。
 うん。そうだね。女の子って、オトナになったり、子供になったり…不思議だね。

 市川さんは、シャワー室でとても親切にしてくれた。
 美人っていわれたのが、とてもうれしかったみたい。
 洗いっこでも、ボクが洗われてるみたいだったし、シャンプーまでしてくれた。
 美容師さんになりたいんだって。
 いつもの教室では朝の挨拶もしない仲なのに、饒舌に話してくれた。
 もちろん、えっちもちゃんとさせてくれたよ?
 パイズリ、っていうのをしてくれた。
 胸をおちんぽにコスりつけて、洗ってくれるんだ。
 市川さんは膨らみはじめたばかりの胸を、ボクのおちんぽにコスりつけながら、
「ホントはね。おっぱいの大きい人がやるんだって。
 まだちっちゃくて、ごめんネ!」
 なんて、舌をペロッとだしたけど。
 シャワーで火照った肌は、やわらかくて気持ちいいし。
 献身的っていうのかな?
 女の子が一生懸命にえっちなことしてくれると、それだけでポォ〜とのぽせて、おちんぽも大きくなっちゃう。
 そうやって洗ってくれたあと、市川さんは、口とおまんこに一回ずつ出させてくれて、とても気持ちよかった。
 また、えっちさせてくれるといいな…。

 市川さんとはシャワー室の前でわかれた。
 食堂で、女の子たちと話しをするんだって。
 にこにこしながら、「じゃあ、またね〜♪」って、手を小さく振ってくれた。
 市川さんのかわいい仕草に、ボクもついツラれちゃった。
 ウキウキ、っていうのかな?
 うん。そうだね。えっちとはちがう気持ちよさだね。

0002000


[ Prev: 06 はじめてお姉さん ] - [ FrontPage ] - [ Next: 08 はじめての告白 ]


↑署名の御協力をお願いします。





当コンテンツの著作・配布の権利は、右巻きソフトウエアが所有しています。
al999 @ migimaki.com
Copyright(C) 右巻きソフトウェア http://migimaki.com/