トップ 差分 一覧 ソース 置換 検索 ヘルプ ログイン

萌え小説 16

うちの子ご自由にお描き下さい同盟



FC2 Links: 官能小説 小学生 ロリ ブルマー

はじめての夜


「おい。鈴代…おきろよ」
 誰かが、ボクを揺すっていた…。
「おいったら…」
 えーと…なんだっけ…そうそう…清太くんだよ…この声…。
「うん…ちょっと待って…」
 ……。
「んと…なに? …清太くん…?」
 身を起こすと、周りには誰もいない、まっくら闇。
 あれ…?
 いま、たしかに清太くんが、ボクを起こそうとしてたよね…?
「ねぇ、清太く…」
 隣の布団に手を伸ばすと、そこはもぬけの殻だった。
 反対側もそう。
 周りで寝ていた清太くんたちは、みんないなくなってた。
 トイレにでもいったのかな…みんな?
 なんて思った矢先…。
 寝ぼけた耳に、男の子と女の子の声が聞こえてきて…。
 夜目に馴れた目に、えっちしてる男の子と女の子の姿がみえた。
 周りの様子を伺うと、あちらこちらで、真っ最中みたいな囁きが聞こえる…。
 なんだか、えっちしてないのはボクだけみたい。
 “夜は寝る時間”なんていわれても、結局みんな、えっちしちゃうんだね。
 うん。そうみたいだね。
 清太くんたちも、起きないボクを置いて、誰かのトコでえっちしてるんだろうね。
 もう。なんでボクって、寝起きがわるいんだろ…。
 朝起きるときも「もうちょっと…」って目を瞑って、30分すぎてたなんてことがザラなんだ。
 清太くんたちに、わるいことしたね…。
「うひょ〜」
 あ。清太くんの声だ。
 暗がりを見回すと、一点だけ、小さいけど灯の場所があった。
「ペンライトってすげぇなぁ…」
「うむ。文明の象徴だ。科学の勝利だ」
「ばっかじゃないの?」
 なんて。灯の方から、清太くんたちと女の子の声が聞こえてくる。
「暗がりにおまんこだけ、見えるなんて…。
 すげぇ、興奮するな…」
「なぁ〜。オラのいうとおりだろ〜」
「こんなネタ、どこで仕入れるんだよ…オヤジ…」
「あれ〜? 濡れてんのか? 澄子〜?」
「もう…あんたら、ホントにばかじゃないの?」
 ため息まじりの呆れた、女の子の声。
「ホタルみたいに、おまんこ光らせ、澄子ちゃ〜ん♪
 もっと、お股を開いて〜♪」
「踊り子さんに、手を触れないでください、手を触れないでください〜」
「おい、次は恵子の番だぜ?」
「みすずちん、みすずちん〜っ〜」
 なにやってるんだろ、みんな…?
 ボクもいってみようか?
 あ。それよりも、美代ちゃんのとこがいいかな。
 でも美代ちゃん、どこで寝てるのかわからないや…。
 清太くんたちとの話しに夢中で、どこにいるのか、チェックし忘れてたよ…。
 うん。そうだね。後悔はいつもあとからやってくるんだよね…。
 いくら目を凝らしても、美代ちゃんらしき姿は見つからないし…。
“悩みとかあったら、遠慮なくきてね?”
 ゆり先生、たしか、そういってたよね…。
 相談しにいってみようか…。早川さんとのこと…。
 と。見回していたボクは、早川さんの姿を見つけた。
 体育館の出口が細く開いていて、そこから差し込んだ月明かりが、プロポーションのいい身体を闇の中で白く照らしてた。
 やっぱりキレイだなぁ…。
 なんとも幻想的な美しさに見とれて、思わずおちんぽがピョコンっしちゃった…。
 早川さんはボクが見とれているすきに、そのまま、体育館の外へ出ていった。
 トイレかな…?
“たぶん…今晩あたり、くるんじゃないかな…”
 立花先生との会話を思い出し、ボクはなんだか、チクッとした。

 夜の校舎って不気味だね。
 消灯前にはついてた蛍光灯も、いまは消されちゃってて、廊下は非常灯のみ。
 昼間の雑音もなく、静まり返って、物音ひとつしない。
 ちょっとだけコワイ…かな…アハハ…。
 でも、こんな感じのトコ歩くのなんて、はじめてだね。
 オバケ屋敷も、怖くて入ったことないし。
 ボクはちょっと“ひとりぼっち”だったことを感謝していた。
 だって、学校には必ずあるでしょ?
 “七不思議”とか“こわいウワサ”とか。
 友達がいなかったから、そのテの話しはボク、知らないんだ。
 タマにはいいこともあるね…。
 うん…。そうだね。ちょっと、もの悲しいね…。
 今度、清太くんに聞いてみようか。
 聞いたらもう、夜の校舎なんて歩けなくなりそうだけど。
 そんなことを思いながら、ボクは宿直室へ足早に歩いてた。
 うん。そうなんだ。
 体育館から出て行く早川さんが気になって、少ししてから後を追いかけたんだ。
 早川さんの姿は、とっくになくなってたけど。
 立花先生のところだとしたら、宿直室だろうと見当はついてた。
 だって小田先生が、“先生たちは、宿直室にいるから”っていってたからね。
 案の定、宿直室には明かりが灯ってた。
 ボクはすぐには中へ入らず、廊下側の窓から、中の様子を伺ってみることにした。

 宿直室の中では、小田先生とゆり先生が、何人かの男の子たちに囲まれてえっちしていた。
「寝ない子は、眠くなるまでオシオキよ。
 ホラ、もっときばんなさいっ!」
 小田先生が自分のお尻の方を向いて、繋がっている男の子に檄を飛ばしてた。
「オレ…もうつかれて、ねむいよ…」
「こらっ! 女の子におちんぽいれて、眠いなんてサイテーよっ!!」
 なんか、春子お姉さんみたいなこといってるね。
「ほらっ、もっと腰動かしてっ!
 そんな動きじゃ満足できなくて、いつまでも眠くならないわよ!」
 “眠くなるまで”って、“先生たちが”ってことなんだね…。
 ゆり先生はといえば、男の子ふたりを後ろから抱えるみたいにして、ふたつのおちんぽを摩っていた。
「先生、もっとみんなの悩みを聞きたいな?」
「ハァハァ…せんせい…もう悩みでません…」
「あら。そうなの…?
 でも、おちんぽさん、まだ悩んでて、寝てくれないみたいよ?」
「あ、あぅぅ…せんせい…」
「うふふっ。若いものね〜」
 傍の床には何人か、駅伝を走りきったみたいな男の子が、仰向けに倒れてた。
 それでも先生たちには、疲れも見えない。
 なんだか、長い夜になりそうな雰囲気…。
 うん。そうだね。
 きっとあれが、“オトナの余裕”なんだね…。

 小田先生とゆり先生はいたけど、立花先生はいないみたい。
 もちろん、早川さんの姿もなかった。
 宿直室はココ一室だけなんだけど…立花先生、どこにいるんだろ?
 もしかしたら、美術室なのかな…?
 ボクは美術室へ足を向けた。
 ちょっと歩きづらさを感じたのは、ゆり先生たちのせいだね。

 でもボクは、早川さんと立花先生を見つけて、どうする気なんだろ…。
 いくら気になるといっても、覗きとか盗み聞きとかはよくないしね。
 そりゃ、美代ちゃんと一回したけどさ…。
 うん、さっきもしたけど…。
 でも、そーゆーのは偶然だもの。話がちがうよ。
 …うん。正直に話すよ。
 早川さんが出ていったあと、ボクは布団を被って、寝ることにしたんだ。
 美代ちゃんが寝ている場所はわかんないし。
 身体は昼間の疲れでクタクタだったしね。
 でも早川さんと立花先生が気になって、なんか、あのチクチクが納まらないんだ。
 寝ようと思っても、チクチク、チクチク…。
 それでボクは布団を蹴飛ばすみたいにして、体育館から外へ出てみたんだ。
 体育館の外は、中の桃色の喧騒は聞こえなくて、月明かりだけの静かな世界。
 ボクはその場に腰を下ろして、頬づえついて。
 ホッとため息ついたら、なんか気づいちゃった。
 早川さんは、立花先生を好きなんじゃないかな…って。
 立花先生は“フラれた”って笑ってたけど…。
 それじゃ、早川さんからなんで会いに行くのか?
 理由がわからないよね?
 だから、“早川さんは立花先生が好き”。
 そして、“早川さんは立花先生とえっちしにいった”。
 ボクはチクンとして、ソワソワして、何度も校舎に目を向けて。
 なぜだか、無性に確かめたくなってきたんだ。
 “早川さんと立花先生のカンケイ”が。
 それがわかればスッキリして、チクチクもなくなると思ったんだ。

 でも、コレって、ストーカーじゃないかな?
 廊下の角から美術室の方を覗き込み、ふとそんなことを思った。
 でも、自分の仮説を確認したいし…。
 考えてみたら、他人をこんなに知りたいって思うのは、はじめてかもしれないね。
 美代ちゃんへは、ちょっとなかったよね。
 ただ話しがしたいとか、話すキッカケとか、アガらずに話す方法とか、そんなことばかり考えてた。
 う、うん。そうだね。えっちな妄想も、ちょっとだけした…ちょっとだけ…。
 そ、それはそれとして。
 早川さんへは、“知りたい”って気持ちが、なんか、大きいんだ。
 好奇心を掻き立てられるっていうか…。
 ほら、アレだよ。ヤジウマ根性?
 だから好きとはちがう気持ちだね。
 なんて、いいわけめいた逡巡をしてたら、美術準備室の前まできちゃった。
 どうしようか…。
 引き返すなら、いまのうちだよね…。
 なんて迷ってたら、ドアの向こうからなにか聞こえてきて、ボクの耳はドアにくっついちゃった。
「せんせいのウソつき……」
 早川さんの声だ。
「…気持ちよくしてあげれば……好きになってくれるって、……」
 かすかに聞こえてた声は、それっきり沈黙しちゃった。
 う〜…。気になるぅ…。
 でもドアを開けたら、さすがにバレちゃうだろうし…。
 ボクは壁の下端に風通しの戸板を見つけると、すぐに床に這いつくばってた。
 うまいことに、戸板には細いスキマがあって、そこから中が覗けそうだった。
 う〜…。もう…なんでボクってこうなんだろ…。
 結局ボクは、自分の中のヤジウマを抑えられなかったんだ。

 美術準備室の中は薄暗かった。
 電球のスタンドが一灯だけ点いてる、って状況みたい。
 覗き見る隙間に、腰に手を当てた、裸の早川さんを見つけた。
 オレンジ色の照明に浮かぶ、その裸体に、ボクは思わず生唾を飲み込んじゃった。
 全裸の早川さんは、足に白いニーソックスだけを履いていた。
 レース飾りのついたそのニーソックスは、長い足をかわいく引き立て、少女っぽい気品を醸していた。
 それなのに、全裸にニーソックスという姿のためか、なんだか背徳的な印象があった。
 少女っぽさと堪らないエロティシズムは、覗き見てることもあって、ボクの胸をとてもドキドキさせた。
 そんな魅惑的な裸を前に、立花先生はイスに座って、穏やかに早川さんを見ていた。
 両手を後ろにした先生の姿は、食堂勝負のボクとブータを思わせた。
「なんとかいったらどう…?」
「……」
「ロリコン・ショタホモのバイセクシャル教師」
 早川さんの毒舌が、美術室の沈黙を穢した。
「足りなければ、マゾもくわえてあげるわよ。
 変態せんせい?」
 早川さんは微笑むと、片足で先生の股間を踏みつけた。
「……」
 立花先生はそれでも姿勢を崩さず、グッと堪えていた。
「うふふ。ビンビンね、せんせい。
 火傷しそうなくらい熱くして、鋼鉄みたいに硬くしてる…」
 早川さんは微笑のまま、器用に足で、先生の股間を摩りあげる。
「あたしにおちんぽ踏まれて、コーフンしてるんだ…?
 好きだったもんね。
 ニーソの足に踏まれるの…」
「………」
 さすがの先生も、吐息のようなものを漏らさずにはいられなかったみたい。
 だけど先生は沈黙を守りつづけ、早川さんの顔を見つめていた。
「うふっ。どうやってイキたい…?
 このまま足コキがいい? フェラにする?
 それとも、キンシンソーカンでイキたい?
 ねぇ、お兄ちゃん?」
 お兄ちゃんって…。
 早川さん、たしかにいったよね? お兄ちゃん…って…。
 早川さんと立花先生って、兄妹なの…?!
「……」
「あたし、いっぱい、気持ちヨクしてあげる。
 だから慰めてよ…お兄ちゃん…」
 早川さんは、摩りあげてた足を先生の股間から離し、それを先生の股の上にのせた。
 だけど今度は、踏みつけるのが目的じゃないみたい。
 早川さんはつるんとした割れ目で先生を挑発し、甘ったるい猫撫で声をだした。
「ねぇ、お兄ちゃん…?
 おまんこ、舐めてよ…」
「……」
「あたしのおまんこ、気持ちヨクして…」
「それは、好きってことかな?
 それとも、嫌いってことかな?」
 立花先生の問いに、早川さんの顔から微笑が消えた。
「だ、誰もそんなこといってないでしょっ!」
「そうだね…」
 立花先生は、フッと落胆したみたいな吐息を漏らした。
「でも。
 言葉にしないと、伝わらない気持ちもあるんじゃないかな…?」
 グッと早川さんは言葉に詰まると、先生に平手打ちした。
 パンッと乾いた音が、静まった廊下に木霊した。
「……」
「……」
「こ、これで嫌いってわかったでしょっ!
 この変態性欲インポ教師っ!
 アンタみたいなヤツは、鯉のクチでフェラしてもらえばいいのよっ!!」
 鯉のクチ…。
 水槽でパクパク、息をする鯉の口を、ボクは連想した。
 ……立花先生、魚ともシちゃうのかな…?
 そんなことを思ってたら、早川さんの足がこちらを向いた。

 やば。こっちにくる。
 ボクは慌てて立ち上がると、周囲に目を走らせた。
 隣の教室のドアが開いたままだ。
 ボクは咄嗟にそこへ逃げ込んだ。
 それと同時くらいに、美術室のドアが開いた音がして、早川さんはボクが隠れている前を通りすぎていった。
 逃げ出すような足音が、廊下を遠のいていく…。
 泣いてた…のかな?
 一瞬見えたシルエットの横顔に、ボクは光るものが見えた気がした…。

 ボクが体育館へ戻ると。
 そこはウソみたいに寝静まってた。
 ボクは暗闇を注意深く進んで、空の布団に転がった。
 自分の布団じゃないかもしれないけど。
 ていうか、まっくら闇じゃ、自分の布団はわからないよ。
 空いてる布団に寝るしかないよね?
 ちなみに、布団に苦労はしなかったよ。
 男子はみんな女子側で、一緒の布団で寝てるみたい。
 だから体育館の男子側は、空の布団ばっかりだった。
 こんなことなら、布団の数は半分でいいんじゃないのかな…?
 そうやってボクは寝っころがって、宇宙より暗い、体育館の天井を見つめていた。
 そっか。
 やっぱり早川さんは、立花先生のことが好きなんだね…。
 でも、兄妹だから、言い出せないのかな…?
 えっちはしてても、好きっていえないのか…。
 体験教室なんだから、“好き”とは別に、えっちしてもいいんだろうけど…。
 なんか、ヘン…。
 “好き”と“キライ”は反対の言葉。
 “キライ”ならえっちしない。
 “好きじゃなくても”、えっちする。
 じゃ、“好き”のときは、どうすればいいんだろうね…?
 うん。早川さんに、“リクツ屋のガリベン”っていわれちゃうね。
 ベーッて、かわいい舌を出されちゃうね…。
 よくわからないよ。オコチャマなボクには…。
 でも、ひとつだけはっきりしたよね。
 早川さんが好きなのは、立花先生……ズキンっ!
 う〜…。チクチクはなくなったけど…なに、このズキンは〜……。
 ボク、潰瘍持ちなのかなぁ…もう…。

0001501


[ Prev: 15 はじめての仲間 ] - [ FrontPage ] - [ Next: 17 二日目 〜はじめてのハーレム ]


↑署名の御協力をお願いします。





当コンテンツの著作・配布の権利は、右巻きソフトウエアが所有しています。
al999 @ migimaki.com
Copyright(C) 右巻きソフトウェア http://migimaki.com/