トップ 差分 一覧 ソース 置換 検索 ヘルプ ログイン

萌え小説 20

うちの子ご自由にお描き下さい同盟



FC2 Links: 官能小説 小学生 ロリ ブルマー

はじめての裸エプロン



「あたし、シャワーしてくる」
 机から下りる美代ちゃんに、ボクは手を貸した。
 少しヨロめいた美代ちゃんに、ボクはちょっと心配になった。
「じゃ、ボクも…」
「鈴代くんのえっちぃ!」
 シャツを着た美代ちゃんは、にっこりした笑顔をボクに向けた。
「タマには、ゆっくり身体を洗いたいの」
 そういうと美代ちゃんは、ゆっくり教室を出ていった。
 ボクはいたたまれない気持ちのまま、美代ちゃんの後ろ姿を見送ってた。
 そんなボクの肩を、誰かが叩いた。
「鈴代、ヤラないか?」
 小田先生がヤラしい目で笑ってた…。
 ボクは返事をする気も起きなくて、美代ちゃんの後を追って教室を出た。
 すぐに美代ちゃんを見つけたけど、その後ろ姿は女子トイレに消えた。
 その場で待つのも気まずいから、ボクは先にシャワー室の前で待つことにした。
 でも、美代ちゃんはいっこうに現れなくて…。
 ボクは男子用シャワー室でシャワーを浴びながら、ひとり、ため息をついた。
 美代ちゃん、やっぱり怒っちゃったのかな…。
 うん。そうだね…。
 あんな乱暴なヤり方、しちゃったから…。
 早川さんを見ながら、ヤッてたから…。
 美代ちゃんと仲良くなるために、参加したのに…。
 なんでいつもこうなんだろ…。
 うまくいってるときにかぎって、いつもツマずくんだ…。

 シャワー室を出て、少し待ってたけど、美代ちゃんはやっぱり現れない。
 女子のシャワー室にも、人の気配はないみたい。
 窓の外はもう、昼近い日差し。
 もしかしたら、食堂へいったのかもしれない。
 少し早いけど、食堂で待ってようか。
 そう思って、ボクは食堂へ向かったんだ。

 食堂では、何人かの生徒が配膳をしていた。
 ボクは適当な場所に座ると、見るともなしに、そんな女の子たちを眺めていた。
 行き交う女の子たちはみんな、裸に割烹着の姿。
 前から見ると不自然さはないけど、後ろからみると、かわいいお尻が丸出し…。
 白い割烹着から、まん丸のお尻がひょっこり顔を出してる。
 なんか、…すごくエッチだね。
 ムラムラ〜と沸き立つものを感じると、ボクはハッと俯いちゃった。
 ボクって、ヘンタイなのかな…。
 全裸姿より、なんか、ドキドキしてるみたい…。
「うっひょ! 裸エプロン〜♪ 萌え萌え〜♪」
「ばっか」
 声の方を見ると、清太くんたちだった。
 女の子とふざけてる清太くんを見て、ボクはホッとした。
 うん。そうだよね。
 ボク、ヘンタイじゃないんだ。
「お。鈴代じゃん〜」
 清太くんがボクを見つけ、隣に座ってきた。
「おまえもアレか? 裸エプロン党か?」
「あはは…」
 なんか、党員にされちゃった…。
 苦笑するボクの後ろを女の子が通り、清太くんはさも当たり前みたいに手を延ばした。
「いい尻してんな、丸川〜」
「ひゃっ!」
 いきなりお尻を撫でられ、女の子はびっくり。
「いきなり触んないでよ!
 配膳してるのに、あぶないでしょ!」
「え〜、踊り子さんには触らないでください〜」
 半村くんが、ワルノリではしゃぐ。
 プンっと、その女の子は行ってしまった。
 険悪って感じじゃないけど、さすがにわるい気がする…。
「配膳の邪魔しちゃわるいよ…」
 たしなめるボクに、清太くんは無邪気な笑顔。
「いいから、鈴代もやってみろよ。
 “ひゃっ”なんて、かわいい声だったろ〜」
 そ、そりゃ、かわいかったけど…。
「いいか? スカートめくりみたいにすんだぞ?
 こう…自然に手を延ばして…」
「ひゃんっ! もう、なにすんのよっ!!」
「へっへっへ〜♪」
 ボクのたしなめもなんのその。
 清太くんは、ホントに楽しそう。
 ボクはなんだか、ため息がでちゃうよ…。
 食堂勝負の一件で、ボクは清太くん達・ワルガキ連の仲間入りになった。
 仲間入りはうれしいけど…ボクまで、女子にニラまれちゃう…。
「ねぇ、佐々木さん、知らない?」
 割烹着の女の子が、テーブルに来て聞いてきた。
 いつも清太くんとふざけあってる、ポニーテールの女の子だ。
「山田とどっかいったぜ。
 いまごろ仲良くシてるんじゃね?」
「川村さんも見当たらないし…。
 もう…配膳おわんない…」
 清太くんから返事を聞くと、女の子は溜め息まじりにグチった。
 見回してみると、たしかに割烹着の配膳係は少ない。
 佐々木さんと山田くんみたいに、シたくなっちゃったんだろうね。
「あんたたち、手伝ってよ」
 ポニーテールの子が頼むと、清太くんたちはウンザリな声をあげた。
「え〜〜〜っ。
 オレたち、昨日やったんだぜ〜〜」
 配膳係は持ち回りになってるんだ。
 だから、不平をいうのもムリないね。
 ボクはたしか、今晩だったけかな?
 女の子は鼻に皺を寄せると、ボクの方に弱った顔を向けた。
「じゃ、鈴代くん! おねがいっ!
 このままじゃ、いつまでたっても配膳おわんないからっ!!」
 ポニーテールの子は、ホントに困ってそう。
 手まで合わせてるよ。
「うん。いいよ」
 快い返事を聞くと、ポニーテールの子はパッと顔を輝かせた。
「ホント?!」
「ボクもお腹すいてるし」
 清太くんたちと一緒にいたら、ボクまで女子にニラまれちゃうしね。清太くんにはわるいけど。
「さっすが、鈴代くん、頼りになるぅ〜」
 なんか、語尾にハートマークがついてそう。

 裸に割烹着。
 男の子だと、……マヌケだよ…。
 裾の丈が足りなくて、前が隠れきれない。
 裾はおちんぽにコスれるし、捲くってよけると、半勃起のおちんぽがコンニチワしちゃう…。
「うえ〜。鈴代、萌えねぇ〜」
「あっちいけ、変態エプロン仮面〜」
 なんて、ボクの割烹着姿に、清太くんたちがブーイング。
 からかってるのがわかるから、ボクも苦笑い。
「かわいいお尻、みっ〜け〜♪」
「ひゃんっ!」
 いきなり後ろからお尻を撫で上げられて、ボクは女の子みたいな悲鳴をあげちゃった…。
「せ、せんせい?」
 後ろをみると、小田先生がニッコリ笑顔で立っていた。
「鈴代の悲鳴、きゃわいい〜♪
 女の子みたい〜ん♪」
 クネクネする小田先生に、ボクはなんていったらいいかわからず、つい両手でお尻を守っちゃう。
 撫でられて困る女の子の気持ちが、ちょっとわかった気がする…。
「ん〜。その仕種もイイねぇ〜♪
 お尻隠して、前がピョコンッ!」
 割烹着の裾から、ピョコ勃ちのおちんぽが顔を出し、丸見えになってた。
 ハッとボクは、片手で割烹着の裾で前を隠した。
 頬が真っ赤なのが自分でもわかって、思わず先生を、ジト〜と上目遣いで見ちゃう。
「ニヒヒ。かわいいなぁ〜もう〜♪」
 小田先生、そのヤラしい目はやめてよぅ…。
「せんせいのショタコン〜」
 清太くんがヤジを飛ばすと、小田先生はムッとした顔に一変した。
「ん〜? またどこで覚えたの、そんな言葉〜」
「体育の時間〜、先生からです〜」
「うそおっしゃい。あとで全裸で校庭十週っ!」
「えぇ〜〜」
 いつも冗談に聞こえるけど…。
 小田先生、なんか、目がマジだよ…?

「あんなえっち、はじめて見たぜ」
 配膳が終わってテーブルに戻ろうすると、清太くんたちの話し声が聞こえた。
 清太くんが仲間のみんなに、コウイン教室の話しをしてるみたい。
 そういえば、清太くんもあの教室にいたんだっけ。
「でよ。教室中、唖然を通り越しててよ、なんか、みんな鼻息荒く、ヒートアップしてんの。
 さすが第六性魔大王だぜ〜」
 またヘンなアダ名がついてるし…。
 ていうか、ランクアップしてない?
 それに第六って……他にも五人いるのかな…?
 小田先生、立花先生、……ゆり先生も、なのかな?
 そんなことを思って、ボクがテーブルにつくと、それに気がついたオヤジくんが話しかけてきた。
「オラも見てたゾ、鈴代〜」
「あれ? オヤジくんもいたんだ」
 見かけた覚えないけど…。
「んにゃ。オラは覗いてた。
 あそこには秘密のノゾキ穴があるんだ」
「そんなトコから覗かなくても…」
「穴から覗くのが、醍醐味なんだ」
「犯罪だぞ…オヤジ…」
 ゴローくんがポツリと突っ込んだ。
「鈴代と佐藤 美代って、いつもあんなんシてるのか?」
 清太くんが目を爛々とさせて聞いてきた。
 ボクは重いため息しか出なかった…。
「なんだ、元気ねぇなぁ…。
 さすがに激しすぎたか〜?」
「清太くんもわかるよ…やってみれば…」
「そこまで消耗するとなると…迷っちまうなぁ…」
 清太くんが腕組みし、オヤジくんがボクの肩をポンっと叩いた。
「スープ飲んで元気だぜ。
 ホラ、ググッと…」
 皿ごと差し出されると、飲まないワケにはいかないよね。
「う゛〜っ…ヘンなあじぃ……」
 スープは当たり前のごとく、ヘンな味だった…。
 うん。そうだね。もう馴れ始めてるよ…。おかわりもしたし…。
 そんなスープをいっぱい飲んだせいか。
 仲間のみんなと関係ないおしゃべりをしたせいか。
 重かった気も、ちょっと紛れたみたい。

 だけど結局、食堂に美代ちゃんは現れず、早川さんの姿もなかった。



0001401



[ Prev: 19.7 はじめてのコウイン教室・後 ] - [ FrontPage ] - [ Next: 21 はじめてのホテル ]


↑署名の御協力をお願いします。





当コンテンツの著作・配布の権利は、右巻きソフトウエアが所有しています。
al999 @ migimaki.com
Copyright(C) 右巻きソフトウェア http://migimaki.com/