トップ 差分 一覧 ソース 置換 検索 ヘルプ ログイン

萌え小説 prologue

うちの子ご自由にお描き下さい同盟



FC2 Links: 官能小説 小学生 ロリ ブルマー

プロローグ・放課後


鈴代(すずしろ)くんは参加するの?」
 放課後、掃除が終わって、帰りの準備をしていると、佐藤さんが話しかけてきた。
 黒髪の長い女の子・佐藤 美代(さとう みよ)ちゃん。
「鈴代が参加するワケないじゃんっ! なあっ?!」
 ボクが返事をする前に、ブルドッグみたいな男の子・ブータが大きな声でそういってきた。
「う、うん…たぶんね…」
 ボクはそういうと、そそくさ、逃げるように教室を出た。
 なんでいつもこうなんだろ…。

 ボクは、鈴代 はじめ(すずしろ はじめ)
 初等部・四年三組。
 はっきりいって、友達はいない。
 いつもクラスになじめなくて、いつもひとり。
 イジメにあってるのかもしれないけど、ずっとこうだからわからないし、気にしない。
 ん…気にしないは、ウソかな。
 ホントはフザけあえる友達が欲しい。
 でも、どうしていいかわからない。
 ちょっと話しをするくらいの子ができても、みんなすぐに離れていってしまう。
 たぶん、ボクがツマんないからなんだと思う。
 だから、自分の性格かなんかを、変えるべきなんだろうと思う。
 でも、どうしていいかわからない。
 なにがわるいのかわからないもの。
 わからないから、休み時間も、放課後も、ずっとひとり。
 それでいいんだ。気にしなければ…。
 うん。そうだね。
 キミがいるから、気にしない。
 ボクの中の、もうひとりのキミ。
 ツライときに話しかけて、いつも黙って聞いてくれる、もうひとりのボク。
 ボクの中の、ボクの友達。

 階段を降りながら、さっきの教室でのことを考えていた。
 なんでいつもこうなんだろ…。
 せっかく、佐藤さんが話しかけてきたのに…。
 いつもアガっちゃって、逃げちゃう。
 うん。知ってる。ボクは佐藤さんが好き。
 さらっとした長い黒髪、広いおでこの女の子・佐藤美代ちゃん。
 本人は気にしてるみたいで、キチンと切り揃えた前髪でおでこを隠してる。
 ボクはチャームポイントだと思うけど。
 成績もよくて、クラスの学級委員。
 明るくて、誰からも好かれてる、クラスのアイドル。
 うん。知ってる。ボクには不釣り合い…。

「鈴代くん、帰るの?」
 ハッと顔をあげると、ゆり先生がいた。
 ウェーブがかった金髪の美人で、やさしいボクのクラスの担任・緑川 ゆり(みどりかわ ゆり)先生。
 今日は紺色のスーツに開襟の白いブラウス。
 メガネをかけてるから、まるで有能な秘書さんみたい。
 清楚でおっとりした先生には、とても似合ってた。
「階段を降りるときは、前も見ないとあぶないわよ?」
 そう注意しながら、先生はいつも絶やさない微笑を見せてくれた。
「う、うん。
 先生、さようなら〜」
「あ、待って」
 すれ違うボクを、先生が引き止める。
 なんだろ?
「体験教室のプリント。
 おとうさん、おかあさんに見せてくれた?」
「う、うん。見せたよ…」
「なんていってたかな?」
「うん…。もう少し、考えてみるって…」
「そう…」
 ゆり先生は困ったように、頬に手をあてた。
 ボクはうそをついたことが、ちょっと後ろめたい。

「はじめにはまだ、早すぎないか?」
 お味噌汁をすすり、おとうさんがいった。
“正しくセックスを学び、積極性を養う、体験教室”
 そうプリントには書いてあった。
「そうかもしれないけど…。
 ホラ、積極性を養うって、書いてあるでしょ?」
 おかあさんが、プリントの文字を指さす。
「ひとりっこのせいかしらね…。
 はじめは消極的すぎて…心配なのよ」
「まぁ、たしかにな…」
 おかあさんのため息に、おとうさんは顎をツマんだ。
「それに、あなたと出会ったのだって…うふふ」
「ん、うん…まぁ…その…母さん、かわいかったな。アハハっ!」
「ヤダ、もうっ!」
 なんてボクを置き去りに二人で盛り上がって、すぐに参加許可の署名と判子をもらえた。
 残りはボク自身の署名だけ。
「書くか、書かないか。
 はじめが自分で決めなさい」
 おとうさんはそういってくれて、ボクの署名は空欄のままだった。

「ねぇ、鈴代くんは、どう思う?」
 ゆり先生はしゃがんで目線を合わせると、そう聞いてきた。
「ボ、ボクは…」
 ボクは目を泳がせながら、言葉に詰まった。
 だって今日の先生は、開襟のブラウス。
 ボクの位置からだと、白い胸の谷間が見えちゃってる。
 柔らかそうな胸に、ピンク色の下着のレースまで見えた気がして、ボクはつい、そっぽを向いてしまった。
「まだ…わかんない…です…」
「そう」
 先生は肯定も否定もせず、ただ微笑んだ。
「先生もね、鈴代くんと同じ。
 むかしは引っ込み思案でね。
 人と話すのが、すごく苦手だったの」
「そうなんだ」
 ちょっと意外。
 先生は誰とでも愛想よく話すし、第一、こんな美人だもの。なににも、臆することなんてないと思ってた。
「でもね、えっちするようになって、変わったの。
 誰とでも気軽に話せるようになったし、アガることもなくなったの」
「ホント?」
「うん。友達もできるようになったわ。
 鈴代くんも、きっとそうなれると思うの」
 メガネの先生はニッコリ、笑顔を作った。
「先生ね、鈴代くんは、もっと積極的になるべきだと思うの。
 よく考えてみてね?」

 ボクは渡り廊下を歩きながら、先生の言葉を反芻していた。
“友達もできるようになったわ”
 先生の言葉で、少し参加してもいい気がしていた。
 でも、まだフンギリがつかないでいた。
 ボクだって、たまにオナニーぐらいするもの。
 セックスが、ひとりじゃできないことぐらい知っている。
 体験教室に参加しても、誰も相手にしてくれなかったら、それこそミジメだよ。
“鈴代くんは、もっと積極的になるべきだと思うの”
 でも、先生はああいってたし…。
 うん。そうだね。
 ゆり先生は、憧れの先生って感じ。
 いつもやさしく、ニコニコしてる。
 怒ることもなくて、たしなめるって感じで注意してくれる。
 やさしくて、綺麗で、オトナな女の人。
 だからボクは、今回のプリントも、親に見せることにしたんだ。
 いままでは丸めて、ゴミ箱にポイッ。
 それでなにもいわれることはなかったし。ゆり先生みたいに勧めてくれる先生もいなかったし…。
 うん。そうだね。
 たぶんボクは、“いい子”なんだと思う。
 おとなしくて、問題もおこさない、手間のかからない、“いい子”。
 先生たちには都合がいいから、かまってくれることもなかったんだと思う。
 毎日はなしかけてくれて、かまってくれたのは、ゆり先生がはじめてだった…。
 だからゆり先生は、とても信頼してる。
“えっちするようになって、変わったの”
 急に先生の唇と胸の谷間を思い出し、ボクはちょっと、歩きにくくなっちゃった…。

 放課後は図書室へ行くのが、ボクの日課。
 そうだね。いまのとこ、友達は本だけ。
 でも、ここにはもうひとり、友達みたいな人がいる。
「はじめくん、いつもの本、とっておいたよ」
 図書室に入ってカウンターにいくと、メガネのお姉さんが“週刊・きょうりゅうのかがく”を出してくれた。
 中等部の田中 春子(たなか はるこ)お姉さん。
 セーラー服に、肩ぐらいのセミロング。
 赤いフチのメガネ。
 家がお隣なんで、ボクとは顔見知り、っていうか仲良し。
 学校の図書室は、中等部・初等部、共同の図書室だから、ここにくれば、図書委員のお姉さんに会えるんだ。
「あ。いつもありがとう」
 “週刊・きょうりゅうのかがく”は毎週の楽しみ。
 春子お姉さんはそれを知ってるから、親切に取り置いてくれるんだ。
「どういたしまして。うふふ」
 お姉さんの声はハスキーで、物静かな話し方。
 笑い方も、クスクス、おしとやか。
 うん。きっとボクは、おしとやかなタイプが好みなんだろうと思う。
「はじめくんは、体験教室に参加するの?」
 ボクが返却の本をカウンターに置くと、お姉さんがそう聞いてきた。
「んと。まだ決めてない」
「そうなんだ」
 お姉さんはそう呟きながら、貸し出しカードにスタンプを押した。
「あたし、中等部から、お手伝いで参加するの。
 会えるといいね?」
 カードを差し出し、お姉さんがニッコリ微笑む。
「う、うん…」
 ボクは曖昧な返事をして、カードを受け取った。
 自分の顔が、火照ってるのがわかる。
 そっか…。
 中等部からのお手伝いって、お姉さんなのか…。
 なら、参加してもいいかな…。
 仲間外れにされても、お姉さんといればいいし…。
 ボクは“きょうりゅうのかがく”を鞄にいれて、署名を待つプリントを取り出した。
 ゆり先生、まだ職員室にいるかな…?

0002888


[ FrontPage ] - [ Next: 01 一日目 〜はじめてのはじまり ]


↑署名の御協力をお願いします。





当コンテンツの著作・配布の権利は、右巻きソフトウエアが所有しています。
al999 @ migimaki.com
Copyright(C) 右巻きソフトウェア http://migimaki.com/