トップ 差分 一覧 ソース 置換 検索 ヘルプ ログイン

萌え小説 02

うちの子ご自由にお描き下さい同盟



FC2 Links: 官能小説 小学生 ロリ ブルマー

はじめて体験


 ペアができたボクたちは、全員でえっちする準備をしていた。
 ボクが持ってきた布団を、ペアになった早川さんと敷いて。
 早川さんが持ってきたシーツを、ふたりで拡げ、二枚重ねで布団の上に整える。
 そうした準備の間、ボクは早川さんが気になって、ちらっ、ちらっと盗み見るみるように観察していた。

 交代で来た女の子は、隣のクラスの早川さん。
 亜麻色の髪のショートカット。
 くりっとした瞳がかわいいけど、ちょっとツリ目加減で、気が強そう。
 たしかさっき、男の子をツネッてたから、ツリ目が表すとおりなんだろうね。
 なんでもハッキリいう、コワイ感じの苦手なタイプ。
 きっと莫迦にされるんだろうなぁ…。
 交代前の子よりはいいけど…。
 血の池から、針山に変わったみたいな気分…微妙…。

 ふっと早川さんと目が合った。
 すると早川さんは、ニッコリ笑顔を作った。
 ボクはシーツに目を戻し、皺を延ばすことに専念した。
 何度目だろ。
 こんな感じで目があうたび、早川さんはニッコリ笑いかけてくれる。
 うん…思ってたより、コワくなさそう…。
 ほどなく、体育館に敷布団の川ができた。
 なぜか、どの布団の側にも、ティッシュ箱が一箱置いてある。
 みんな花粉症なのかな?
 そんな季節じゃないのに。ヘンなの。
「それじゃ、はじめての人もいるから。
 最初は先生のいうとおりにしてね」
 小田先生が手を口にそえ、みんなに声をかける。
「まずふたりで手を握って、自己紹介っ!
 知ってる相手でもするのよ?」
 早川さんが上履きを脱いで、布団の上にあがる。
 ボクもそれに習うと、早川さんは両手を差し出してきた。
 ちょっとためらいがちに手を重ねると、早川さんの手がやわらかく包んでくれた。
「あたし、早川鞘子(はやかわ さやこ)
「え、えと、す、鈴代はじめ」
 あったかくて柔らかい手の感触と、まっすぐ見てくる早川さんに、ボクはついドモっちゃった。
「鈴代くんね。よろしくっ!」
 そういって早川さんは、ニコッとひまわりみたいな笑顔を作った。
「う、うん、よろしく…」
 そっか。さやこちゃんか…。
 小田先生が早川さんって呼んでたから、名字はわかってたけど。
 なんか、かわいい響きだな。
「自己紹介はいいわね?
 それじゃ、ふたりで抱き合って」
 小田先生の声がかかると、早川さんはボクの背に手を回して抱きついてきた。
 ボクはといえば緊張してしまって、かるく腕を開いたまま、カチンカチンに固まっちゃった。
 だって、こんなに近くに女の子がいるなんて、はじめてだもん。
 そしたら早川さんが、ボクの背中をやさしく摩ってきてくれた。
 ゆっくり摩られるたびに、緊張がほぐれて、なんか、肩から力が抜けてくる感じ。
 いやじゃないな…うん…。
「なんか、緊張しちゃうよね…」
 早川さんがポツリと呟いた。
 そっか。早川さんもボクと同じ。緊張してるんだ。
 早川さんははじめてじゃないらしいけど、ボクとははじめてだもんね。緊張するよね。
 なら、同じようにほぐしてあげよう。
 そう気づくとボクも、背中に手をまわし、おそるおそる摩りはじめた。
 早川さんの身体は、とても柔らかくて、体操着の下から伝わるぬくもりが、とってもあったかい。
 女の子の身体って、みんなこうなのかな…?
「鈴代くんの身体って、あったかいね」
「そ、そう?
 は、早川さんの身体も、あた、あったかいよ?」
 ドモりはそのままだけど、ボクはちょっと余裕ができたみたい。
 早川さんの身体を摩りながら、
(背丈はボクより、ちょっと高いね…。
 この香りはシャンプーかな…? いい香りだなぁ…)
 なんてことを思ってた。
 そしたら、モゾモゾ〜っていうか、ぞわぞわ〜って感じが腰のあたりから這い上がって、ボクはその根源に目を向けた。
 早川さんが、ボクの股間を撫でていた…。
「は、早川さん?!」
「気持ちいい?
 鈴代くんもしてみて」
「で、でも、こんな…」
 抱きついて、服の上から、女の子のおまんこさわるなんて…。
 こんなの…痴漢みたいだよ…。
「他の子もしてるよ?」
 いわれて周りを見てみると、みんな抱き合いながら、お互いの股間を撫で合っていた。
 ブルマの中に手をいれてる子までいる…。
「ね?」
「う、うん…みんな、してるんだよね…」
 みんなしてるなら、ヘンタイなことじゃないんだ。
 頭の隅っこでそんなことを思いながら、ボクはおそるおそる、早川さんの股間に手を延ばした。
 はじめて触る、女の子の股間…。
 ブルマ越しだけど…ていうか、ブルマだって触ったことなかったけど…。
 か、感触?! そんなのわかんないよっ!
 完全に舞い上がっちゃってて、感触なんてわかんない。
 心臓がバクバク、ただ体育館の天井を見て、早川さんの股間を指で撫で繰り返す。
 たぶんボクは、油の切れたロボットみたいに、ギシギシいってる。
 自分の手がぎこちないことぐらい、わかるもの。
 そして自分の股間が、熱くなってることも…。
 早川さんの手は、だんだんと大胆になっていった。
 最初は撫でる感じだったのに、いまではおちんぽの形を知ろうとするみたいに摩ってる。
 自分の形を女の子に知られるなんて、恥ずかしくて、おちんぽがどんどん硬くなって、短パンがキツくて苦しくなっちゃう…。
「そろそろいいかしら?
 服を脱いで。
 恥ずかしがらずにね」
 小田先生の声が聞こえると、ボクは重労働から解放されたみたいに、ホッと息をついた。
 自分の頬に手をやると、まるで湯あたりしたみたいに熱かった。
 と。早川さんの口からもため息が聞こえた。
 なんか、ボクとは意味合いがちがうみたいな吐息。
 早川さんの頬も桜色になってた…。
 気持ち、ヨカったのかな…?
 桜色のほっぺたが、ちょっとかわいいな…。
 そう思ったら、早川さんとまた目が合って、ボクの頬はまた熱さを増したみたいな気がした。
 早川さんはといえば、そんなボクにいっさいお構いなし。
 ニッコリ笑って、ボクのシャツに手をかけた。
「脱がせてあげるね」
 いうが早いか、もうシャツは捲くり上げられていたから、うろたえる暇もない。
「はい。バンザイして」
 ボクはおとなしく従うしかなかった。
「うふふ」
 って、なにが楽しいのか、早川さんは無邪気に笑うけど…。
 ボクは、なんか子供扱いされたみたいでバツがわるい。
「じゃ、あたしの番ね。
 鈴代くん、脱がせて?」
「え? う、うん…」
 なんか、ボク、さっきから頷いてばかりみたい。
 すっかり、早川さんのペースだよ…。
 鼻に皺を寄せて、早川さんのシャツを捲くり上げる。
 早川さんがバンザイをすると、桜色の乳首が見えて、ボクはドキッと目をそらせちゃった。
 そしてずっと前に、春子お姉さんと着せ変え人形で遊んだときを思い出していた。
 着せ替えのためにお人形さんの服を脱がせて、すごくドキドキしちゃって…。
 ツルンツルンの胸が出てきて、なんだかとてもイケナイことをしてたみたいで…。
 ボクはお姉さんに挨拶もしないで、家に逃げ帰っちゃったんだ。
 そういえば。
 春子お姉さんはどうしてるだろ…?
「もう。他の人と比べないでよ…」
 キョロキョロ見回してたら、早川さんが不機嫌そうな声をだした。
「そ、そんなつもりじゃ…」
「なかなか大きくならないのよね。
 クラスの子の中には、もうオッパイっ、て感じの子もいるのに…」
 そういいながら胸に片手を添えると、桜色の乳首を見つめて口を尖らせた。
 ボクからは横向きになった胸。そこにはちゃんと、女性特有の柔らそうな膨らみが見えていた。
 まだ大きくはないけど、かわいらしい膨らみ…。
 ボクは、おちんぽがピョコンっとするのを覚えて股間を抑えた。
「それ、どけて?」
 早川さんがしゃがんで、無邪気な笑顔で見上げる。
「それって…?」
 なんだろ?
「手。短パン、脱げないでしょ?」
 短パンも脱がせてあげる、ってコト?
「い、いいよっ! 自分で脱ぐからっ!」
「なんで?」
「だ、だって…」
 おちんぽ、おっきくなってるから…。
 なんて、女の子にいえるワケがないよ。
「は、恥ずかしい…モン…」
 そう答えると、早川さんはクスリと笑った。
「これからえっちするんだよ?
 それとも、服着たままする?」
「服、着たままで、できるの…?」
 早川さんは目をパチクリ。
「あははっ!
 鈴代くん、おもしろいっ!」
 早川さんは心底愉快そうに笑うけど、ボクは莫迦にされたみたいでおもしろくない。
「ゴメンネ。でも、恥ずかしいことないよ。
 あたしも脱ぐんだし。ね?」
「う。うん…」
 まぁ、お互い、裸にならなきゃいけないワケだし。
 そうなれば、どの道、おちんぽを見られることになるワケだし…。
 ボクは天井を見るともなしに、早川さんが短パンのチャックを下ろし、ボタンを外す音を、聞くともなしに聞いていた。
 そう。いきなりリッパになっちゃったのを、曝け出すのがイヤなんだよね。たぶん。
 なんか、ヘンタイさんみたいだし。
 そんなことしたら、いくらなんでも女の子がびっくりして、嫌われちゃうよ。
 せめて、パンツだけは自分で脱ごう。
 背中を向けて脱げば、いきなりってことはないし…。
「鈴代くん、おっきい〜♪」
 て。なんで早川さん、パンツごと短パン脱がしちゃうの〜ッ?!
「み、みないでよぅっ!」
 思わず女の子みたいな声をあげて、ボクは股間を手で隠しちゃった。
 なんか、オトコのミサオを剥ぎ取られた気分…。
「う〜…」
 ボク、もしかして半泣きになってる?
「ぶぅ〜〜。鈴代くん、ヘンなの〜」
 早川さん、指を銜えるみたいに、じと〜と見てくる。
「ヘ、ヘンって…」
 ヘンなのは、早川さんだよぅ…。
「だって、そんなにおっきいのに。
 男の子だったらフツー、腰に手をあてて自慢するわよ?」
「う〜…ホント…?」
「うん。初等部一かも。中等部級ね。
 あたしが保証してあげる」
 にっこりしてそういうけど…、ホントに初等部一なのかなぁ…もう…。
 て。そういう問題じゃないんだけど…。
「うふふ」
 早川さんは微笑んで立ち上がると、自分のブルマに手をかけた。
「あ。今度はボクの番っ――」
 て、なにいってるんだよ、ボクは〜っ!
 交互に脱がしっこしてたけど、男の子が女の子のブルマを脱がせるなんて…。
 スカートめくりだって、みんなイヤがるんだよ?
 きっと早川さん、顔を真っ赤に怒っちゃうよ…。
「うん。脱がせて」
 ボクの心配とは逆に、早川さんはうれしそうに笑った。
「怒らないの…?」
「なんで?
 体験教室の間は、原則ずっと裸よ?」
 あ。そういえば、小田先生がそんなこといってたっけ。
 でも、裸なのと脱がすのは、意味合いが…まぁ、いいか。イヤがってないみたいだし。
 ボクは観念した気分で、早川さんの前に両膝をついた。
「鈴代くん、やさしいのね」
「そ、そう?」
 なんのことだろ?
 女子から褒められることなんてないから、首を傾げちゃう。
「自分から、“ブルマも脱がせて”、なんてはじめて」
「そ、それは…その…」
 なんかあらためて聞くと、ヘンタイさんみたいでイヤだな…。
「フツー、男子はね。
 もうヤリタイがマンマンで、そこまで気が回らないの。
 あとは逆上せあがっちゃって、頭が真っ白、とかね」
 う。ボク、ホントは後者なんだけどね。
「うふふ。なんか、女王様みたいな感じ〜」
 立って微笑む早川さんは、女王様。
 その前で両膝をついてるボクは、召使い。
 たしかに、そんな感じに見えるかもね…。
 ちょっといい気分じゃないけど、ボクは目の前の紺色の脇に、手を延ばした。
 う〜…。ボク、ヘンタイなのかな…?
 なんか、興奮してきちゃった…。
 ブルマなんて、体育の授業で見慣れてるのに…。
 盛り上がった股間のトコを間近にみると、鼻息が荒くなっちゃう…。
 ボクは早川さんに悟られないよう、鼻から息を吸い込んで、ブルマを下ろしはじめた。
 他人が履いてるもののせいか、自分のパンツみたいに、簡単に下りないもんなんだね。
 前後にズラすみたいに下ろしていくと、なだらかに下降するお腹が見えて、股の付け根が見えて……ゴクッ。
 ツルンとした逆三角に、縦筋の割れ目が見えた…。
 こ、これって…え?
 な、なんで? ボク、下着まで下ろしちゃった?!
「えっちするの、わかってるから。
 効率的でしょ?」
 見上げると早川さんは、イタズラっぽく笑ってた。
 ていうことは、最初から履いてなかったの…?!
「うふふ。びっくりした?」
「う、うん…びっくりした…心臓止まっちゃった…」
「うふふ」
 クスクス笑う早川さんは、ホントに小悪魔みたい。
 かわいい笑顔は魅力的だったけど、でもそれと同じくらい、ボクは間近のオンナのコが気になってた。
「おまんこ見たの、はじめて?」
 こんなに近くにいるんだもの。視線なんて隠しようがないよ。
「うん。はじめて見た…」
 正直に告白すると、ボクはもうゴマかすことなく、早川さんのおまんこだけを見つめてた。
 肌の色と同じ白さで、ちょっとぷっくりしてて。
 真ん中の縦筋は、ちょっとだけ見えて、恥じ入るみたいに、お尻の方に隠れてる。
 それだけのモノなのに、なんだかとってもかわいくて、すごく興奮した。
「毛はまだ生えてないんだね…」
「うん。鈴代くん、えっちだね」
 つい口走っちゃったけど、早川さんの言葉にはわるい感じはなかった。
「触っても、いいよ?」
「で、でも…」
「だいじょうぶ」
「服を脱いだら、女の子を気持ちよくさせてあげてね。
 ちゃんと準備しないと、おちんぽ折れちゃうわよ?」
 と、小田先生の声が聞こえた。
「ほら。ね?」
「うん…」
 ボクは逸る気持ちを抑えて、おそるおそる、人指し指で割れ目のそばを触った。
 ビクッと、早川さんの身体が小さく震えた。
「うふ。ちょっとびっくりしちゃった」
「よかった。痛くなかったんだね」
「うん」
 早川さんが頷くと、ボクは安心した。
 なんかの本で、“デリケートなトコだから注意して…”って読んだことがあるから。
 それでボクは、慎重に指で撫でてみたんだ。
「どう? はじめて触った感じ?」
「うん…スベスベ…だね…」
 少ししっとりしてるみたい。
 ぷにぷにって弾力かな…おもしろい…。
「もっと見たい?」
 そういうと早川さんは、足を少し開いた。
 ボクは遠慮せず、両手の親指を使って、早川さんの割れ目を開いてみた。
 またちょっとビクッとしたけど、気づかう余裕はなかった。
 開いた割れ目から見える中の色に、ボクはすっかり目を奪われていた。
 桜色よりちょっと濃い紅色。
 赤貝みたいな感じかな…?
 肌みたいに乾いてなくて、ちょっと濡れてる…?
 口の中みたいな感じ…。
「見てるだけ…?」
 ボクを見つめる早川さんの言葉。
 触っていいってことだよね…。
 ボクはまた気持ちを抑えて、人指し指を割れ目の中にいれてみた。
「イッ…!」
 早川さんが小さく呻いて、ボクはびっくり、人指し指をひっこめちゃった。
「ご、ごめんっ!」
「うん。だいじょうぶよ?」
 ちょっと入れただけのつもりだったんだけど…。
 女の子には“ちょっと”だけじゃないんだね。
 でもどうしよう…。
 パッと、“舐める”って言葉が閃いた。
 でも、ココって、女の子がおしっこ出すトコだよね…。
 汚いって思わないこともなかったけど…ゴクンって喉がなる。
“おまんこを舐める”
 そう思うと、なぜだか舌がウズウズ、舐めたくなってきちゃう。
 だ、だいじょうぶ。早川さん、ちゃんとお風呂入ってきてるし。
 それに覗きみた中は、あんなにキレイだったじゃない。
 ボクはもう一度、生唾を飲み込むと、早川さんの割れ目に舌を延ばした。
「ん…」
 早川さんが小さく呻いて、またビクンとしたけど、だいじょうぶ。
 これはちょっと、びっくりしただけ…。
 でもそれは、ちょっとゴマかし。
 ホントはもっと舐めてみたくて、仕方がなかった。
 ボクは、鼻息が荒くなるほど興奮して、何回か割れ目を舐めた。
 それから割れ目をちょっと拡げて、おまんこの中を舐めだした。
「…………」
 早川さんはなにもいわず、じっとしていた。
 味? ん〜…わかんない。
 でも、すごく興奮するのはたしか。
 すごくドキドキして、おちんぽがムズムズ、硬くなっちゃう。
「…ン…ふぅん………ハァ……」
 しばらくおまんこを舐めていたら、早川さんの静かな吐息が聞こえてきた。
 はぁ、と吐息を漏らしたり…。
 ウッと息を詰まらせたり…。
 時折、身体がビクンとすることもあった。
 ボクの舐めるところ、舐め方でそれは変わり、早川さんの気持ちのいいところ、感じるところがわかる…。
「…鈴代くん…気持ちイイよ…おまんこ、気持ちイイ……」
 早川さんの声が、ボクのおちんぽをピョコンっと歓ばせる。
 もっと早川さんの声が聞きたくて、ボクは舐め回したり、弄ったり、丹念におまんこを舐め続けた。
 口の端からヨダレがこぼれてる気がするけど、全然、気にならない。
 そうしていたら、フワッと髪を撫でられる感じがして、ボクは顔をあげた。
 撫でられるがイヤだったんじゃなくて、なんか、呼ばれた気がしたんだ。
「そろそろ、シよう?」
 早川さん、ほっぺたがすごく真っ赤だった。
 恥ずかしいからじゃなくて、すごく感じてくれたから…。
 そう思うのは自信過剰かな…?

0003430


[ Prev: 01 一日目 〜はじめてのはじまり ] - [ FrontPage ] - [ Next: 03 はじめて合体 ]


↑署名の御協力をお願いします。





当コンテンツの著作・配布の権利は、右巻きソフトウエアが所有しています。
al999 @ migimaki.com
Copyright(C) 右巻きソフトウェア http://migimaki.com/