トップ 差分 一覧 ソース 置換 検索 ヘルプ ログイン

萌え小説 19

うちの子ご自由にお描き下さい同盟



FC2 Links: 官能小説 小学生 ロリ ブルマー

はじめてのコウイン教室・前編



 朝食後、ボクと美代ちゃんは、校舎の中をふたりで散歩した。
 参加予定のコウイン教室には、まだ余裕があったし。
 こんな朝早くに学校へ来ることはないから、物珍しさもあったんだ。
 同じ考えの子は何人かいるみたいで、いくつか仲のいいカップルとすれ違ったりした。
 ボクと美代ちゃんは、そんな子たちとすれ違うたびに、顔を見合わせて、クスッてしちゃった。
 なんだか、自分たちを見ている気がしたんだ。
 校舎の中は、どこもかしこも朝の光に煌めいていて、特別なにがあるわけでもないのに新鮮な光景だった。
 知らないクラスの教室を覗いたり、窓から校庭を見たり、プールで翼を休ませてる鳥を見たり。
 雀を捕まえ損なった猫を発見して、ふたりで笑ったり。
 そうやって、片時も手を離さず、ボクと美代ちゃんは時間を過ごした。
 離れていたのは、朝食のちょっとだけの時間だったのに、繋ぐ手がないと、なんだか侘しいものなんだね。
 しばらくしたら予鈴の鐘がなって、ボクと美代ちゃんは、小田先生の教室へ向かった。
 うん。そ、そうだよ?
 えっちはしなかったよ?
 ……キスは、した…チュッて…かるいヤツ…何回か…おでこにも…。

 教室の中にはすでに、けっこうな数の男子と女子がいた。
 当然のことながら、みんなペア。
 昨日一日でみんな、お気に入りの相手がみつかったみたいだね。
 その中には、清太くんの姿もあった。
 ペア相手はたしか…エロ本鑑賞会を呆れてた、ポニーテールの女の子だ。
 清太くんと付き合ってるのかな…?
 早川さんもいた。
 ボクの知らない男子と一緒だった。
 早川さんよりちょっと背が高くて、当然のことながら、ボクとはダンチ。
 顔はよく見えなかったけど…なんか、いい印象じゃないね。
 そういえば、立花先生がいってたっけ。
“仲良くなりたかったら、自分からしてあげたらいいんだ”
 早川さんがそういってたって。
 ボクも早川さんとえっちして、気持ちよくしてあげたら、仲直りできるのかな…?
 でも早川さん相手じゃ、ボクの方がイカされっぱなしだよね。きっと…。
 はぁ…。なんだか溜め息でちゃうよ…。

 小田先生がやってくると、ボクらはペア同士で席に座らされた。
 机の下を見なければ、体操着を着たフツーの授業風景みたい。
 もっとも、小田先生は全裸だったけどね。
 オトナの裸っていうのもあるけど、一糸まとわぬ先生が教壇に立つのって、なんだかムラムラしちゃう…。
「鈴代くん、鼻の下が伸びてるよ?」
 隣の美代ちゃんがクスッとして、ボクは両手で鼻を隠した。
「そ、そんなコトないよ?」
「うふふ。小田先生、えっちなカラダだもんね〜♪」
 もう〜。美代ちゃん、意外とイジワルなんだから〜。
 それはそうと。小田先生のコウイン教室って、なにをするんだろうね?
 その疑問には、小田先生がまっさきに答えてくれた。
「コウインって聞いて、銀行員と間違えた人、いないわよね?」
「いるわけないじゃ〜ん」
 清太くん…ココにひとりいるよ…。
 小田先生が黒板にチョークを走らせる。
「コウインは口淫と書いて、口でえっちをすることよ」
 え? 口でえっちって…。
「美代ちゃん、知ってたの?」
 ボクはヒソヒソ、聞いてみた。
「うん。知ってたよ?
 もともと誘ったの、あたしだもん」
 そういえば、そんなような気がしなくもないよね…。
 でも、“フェラはまだ恥ずかしいから”って、いってなかったっけ…。
 大丈夫かな…美代ちゃん、恥ずかしがり屋なのに…。
「鈴代くんがはじめての人。
 ヘタでも許してね?」
 にっこりする美代ちゃんに、ボクは顔が熱くなっちゃった。
 だって、はじめての人って…、ドキドキ、胸が高鳴っちゃうよね?
「こら、鈴代!
 彼女がかわいいからって、余所見しないっ!」
 小田先生にいわれて、ボクと美代ちゃんは俯いちゃった…。
 もう小田先生ったら…そのヤラしい目はやめてくださいよぅ……。
「さてと。もうみんな、シちゃってるかもしれないけど。
 シてない子もいるだろうから、ちょっとだけ説明するわね」
 そう小田先生は切り出すと、黒板におちんぽとおまんこの絵を描いた。
「もうみんな、見たことあるわよね?
 これがおちんぽとおまんこ。
 男の子の感じるところは、ココとか、ココとか…。
 あと、ココの裏筋っていうところなんかもそうね。
 女の子は、ココらヘン、ココらヘン…。
 ココのクリトリスっていうところは、すごく感じるところね」
「は〜い」
 って、みんなが返事をした。
 ボクは先生の話しを聞いてて、また顔が赤くなって俯いちゃったよ。
 美代ちゃんもそうかと思ったら、利発そうなおでに眉根を寄せて、真剣に聞き入ってた。
 フツーの授業でも、見せない顔だよ。
「でも、感じるところだからって、そこだけじゃダメ。
 そういうところはビンカンだから、イタかったりするしね。
 クリトリスなんかがそう。
 だから、いきなりそういうところにはシないで、他のところから馴らすように、ゆっくり気持ちよくさせてあげる…。
 って、こんなこと、本で読んだ子もいるわよね?
 でもね…」
 先生はみんなを見渡すと。
「こ〜んな知識、てぇ〜んで役に立たないっ!」
 なんて、黒板にチョークを投げつちゃった。
 ボクらは目をパチクリ。
「えっちはヤってみること、シてみることが一番っ!
 わからなかったら、相手に聞いてみなさい。
 答えてくれなかったら、顔を見るの。
 気持ちよくシてあげたいって気持ちは、必ず伝わるから。
 どこかでちゃんと、応えてくれるわよ?」
「は〜い」
 みんなが手をあげると、小田先生はニッコリした。
 わ。なんか小田先生が、ちゃんとした先生に見えるよ…。
「それじゃ、模範演技から見せましょうか」
 そういうと先生は、教室の入り口に向かって声をかけた。
「ほら、実験材料第一号。
 こっちに来なさい!」
 呼ばれてモジモジ入ってきたのは、全裸のブータだった。
 ボクと美代ちゃんは、顔を見合わせちゃった。
 ブータは教壇にあがっても、いづらそうにモジモジしていた。
 教室の雰囲気に呑まれちゃってるのかな…?
 食堂勝負より人数は少ないけど、これだけの人数が席に座って注目してるんだもんね。
「ほら、シャンとしろっ! 文太っ!
 オトコの子でしょっ?!」
 小田先生はブータのお尻をペチンっと叩いた。
「イテッ!」
「先生〜っ! 早漏ブータじゃ、実験になりませ〜ん」
 清太くんがヤジを飛ばすと、教室中が笑いに包まれた。
 ブータはブルドッグ顔を真っ赤にして、ただ清太くんを睨んでた。
 怒ってるんだろうけど、昨日の今日だからね。
 なにか言い返しても、倍返しのブーメランになりそう。
「ちょっとかわいそうだね…」
 苦笑いで美代ちゃんに囁くと、美代ちゃんも同意見らしく、困った笑いを浮かべてた。
「こらっ! 早いの、遅いのいわないっ!
 早ければ数で勝負、遅ければ濃さで勝負。
 若いんだから、短所も長所よ? わかった?」
「は〜い!」
 みんなが手をあげると、小田先生はブータを、教卓の上に腰掛けさせた。
 ブータはボクらに向かって軽く股を開き、小田先生はその前にしゃがみこんだ。
 ちょうど先生の頭が、ブータの股間に合う感じ。
 お陰で教卓の上のブータは、みんなから観察しやすくて、まったくの晒者状態…。
 あれはちょっと恥ずかしそうだね。
 朝のハーレム事件を思い出すと、ちょっと面はゆい…。
「よくみたい子は、前にきてもいいわよ」
 綺麗な背中越しに小田先生がいうと、みんな躊躇いもなく席を立って、教卓の周りに集まった。
 みんな、ヤジウマな興味でいっぱいなんだね。
 ちなみに美代ちゃんは、ボクが立ち上がると同時に、姿はもうカブリつきの一等席だった。
 美代ちゃん、すごく勉強熱心だよ…。
 なんか、ボクは困ったみたいな笑顔になっちゃった。
 そんなこんなで。ボクは人垣の外側から、様子を見ることになった。
 大小の背中越しに、背を延ばして様子を伺うと、もうすでに始まっているようだった。
「う。せんせい…もうダメ……」
 ブータのおちんぽを握りながら、小田先生は呆れ顔になった。
「アンタは辛抱なさすぎよ。
 ちょっと摩って、おちんぽの皮、剥いただけじゃない」
 くすくす笑いが聞こえるけど、ヤジは飛ばない。
 みんな早く、先に進んでほしいんだね。
 そういう意味で早漏ブータは、いい実験材料なのかも。
 小田先生は、ゆっくりおちんぽを摩りながら、口をなにやらモゴモゴさせてるみたいだった。
「唾を溜めてるんだね…」
 なんて、女子の囁きが聞こえた。
 なるほど、そのとおりみたいで、口から延びた先生の舌は、窓からの光を弱く反射していた。
 そのよく濡れた舌先は、おちんぽの裏筋を、レロッて感じで舐めあげた。
 するとブータの口から、なんともつかない、間の抜けた声が飛び出した。
 でも、気持ちいいことはよくわかる。
 ボクも含めて男子の喉が、一斉にゴクンと鳴った。
 先生はそのまま棒を何回か舐めあげ、やがて腫れあがったキノコの傘を舐めだした。
 …ぴちゃ…ぺちゃ…ぴちゃ…。
 小田先生の長い舌が、大胆な音を立てる。
 ネットリ、おちんぽに絡みつくみたいに、周りの温度が一度は上がるような熱い舐め方…。
「先生の舌すごい…」
 女子のひとりが、まるで上の空みたいな呟きを漏らした。
 なんか、みんな圧倒されちゃってるね。
 うん。もちろん、ボクもそうだけど…。
「どう…? 気持ちいい…?」
 先生がブータに、囁きかけた。
「う、ウンッ!!」
「返事は、ハイ!」
「ハイっ!」
「よろしい」
 先生はにっこり微笑んだ。
 そして周りの女子それぞれに、顔を振り向け話しかけた。
「いい? ぜったい、歯は立てちゃダメよ?
 歯があたらないように、注意してね?」
 固唾を呑むって感じで、女子が頷いた。
 先生はペロッ、ペロッと、おちんぽの先っぽを舐めると、それを呑み込むように口の中に入れた。
 ブータがなんか声を漏らしたけど、もう誰も気にしてない。
 先生の頭が前後すると同時に、はしたない音が大きく聞こえはじめた。
 …ぶじゅ…じゅぶっちゅ……。
 先生の頬が窄まって、すごく吸いついてるのがわかる…。
 ブータの目はもう、なんか焦点が定まらない感じで、天井を仰いでた。
「…んふっ……ふぅん…んん……」
 先生の頭は、息苦しさも気にせず動きつづけ、ほんのり頬が染まってきた。
 やがて動きが早くなったと思った途端、なんか、切羽詰まったみたいな動物の声が聞こえた…。
「ングッ!」
 と、先生が呻くみたいな声を漏らした。
 一瞬、何事かとあっけにとられたけど、すぐに理由に思い当たった。
 ブータ、出しちゃったんだね…。
 ゴクンと、華奢な喉が精液を飲み込み。
 小田先生は何事もなかったかのように、スッと立ち上がった。
「こらっ! 出すなら出すっていえっ!」
 先生はいきなり、ブータの頭をペチンと叩いた。
 アハハ…ブータ、カワイソ…。
 ボクは正直、同情しちゃった。
「みんな笑い事じゃないわよ?
 クジラのシャックリでも、いきなり出されたら、窒息するくらい苦しいんだからぁ…」
「は〜い」
 と、みんなが手をあげ、よい返事を返した。
 でも、クジラのシャックリって……ブータもひどくいわれたもんだね…。
 ボクはもう、苦笑いしかでないや。
「ホラ、忘れもの」
 そう先生がいうと、惚けたみたいなブータは、ようやっと言葉を絞り出した。
「あ、ありがとう、せんせい…」
「よろしい」
 忘れ物って、お礼のことか。
 そういえば小田先生、厳しくいってたもんね。
「はい。模範演技はココまで」
 ぱんっと、小田先生の手のひらが鳴った。



0001611



[ Prev: 18 はじめての朝食 ] - [ FrontPage ] - [ Next: 19.3 はじめてのコウイン教室・中 ]


↑署名の御協力をお願いします。





当コンテンツの著作・配布の権利は、右巻きソフトウエアが所有しています。
al999 @ migimaki.com
Copyright(C) 右巻きソフトウェア http://migimaki.com/