トップ 差分 一覧 ソース 置換 検索 ヘルプ ログイン

萌え小説 12

うちの子ご自由にお描き下さい同盟



FC2 Links: 官能小説 小学生 ロリ ブルマー

はじめての対決・前編


「あたし、シャワー浴びてくるから。
 お先に失礼するわね」
 春子お姉さんが席を立って。
 美代ちゃん、早川さん、ボクはテーブルに残った。
 食事はとっくに終わっていたけど、とりとめなく話しをするのは、聞いているだけでも楽しいよね。
 食堂にいる、他の子たちもそうみたい。
 それにこのテーブルは、また特別だよ。
 だって、学校一、笑顔がかわいい女の子が、ふたりもいるんだもん。
 ゆり先生のスープで、お腹はイッパイだし。
 チャーミングなふたりの会話は、耳も目も楽しませてくれるし。
 楽しくならないワケがないね。
 うん。そうだね。
 “はじめての人”が、早川さんでよかったね。
 美代ちゃんでなかったのは残念だけど。
 不安ばかりだった体験教室が、早川さんのお陰で、こんなに楽しくなってるんだもん。
 笑顔が明るくて、頭の回転が早くて、ちょっとイジワルで、えっちで、とてもかわいい早川さん…。
 引き合わせてくれた神様に、お礼をいわなくちゃ、だね。
 そんな感じで、ゆったりひとときを過ごしてたら。
 ボクらのところに、イヤなヤツがやってきたんだ。
 そう。ブルドッグ顔の、ブータだ。

「早川、あとでヤろうぜ」
 ブータは来るなり、ぞんざいな態度で早川さんにいった。
「イヤよ」
 早川さんは即答だった。
 それでもブータは、引き下がらなかった。
「なんでだよ?」
「だって、アンタ、早いんだもん」
「お、オレのどこが早いんだよっ!」
 ブータは顔を真っ赤に怒った。
「ほら。すぐ真っ赤になる。
 えっちの時と同じね」
 周りの女子から、クスクス笑いが聞こえた。
「入れた途端、眉を八の字にして、
“お、オレ、もう出ちゃうぅぅ〜”」
 早川さんがモノマネすると、今度は男子からも笑いが起こった。
「そ、そんな…お、おま…」
 みんなの前でいわれた恥ずかしさもあって、ブータは完全に、頭に血が登っちゃったみたい。
 早川さん、すごいなぁ。
 ブータを手玉にとるなんて。
「う、ウソつくなよっ!」
 嘲笑を打ち消すみたいにブータが怒鳴ると、食堂はシーンと静まり返った。
「ふぅ〜ん。
 あたしがウソついてるっていうんだ?」
「あ、当たり前だろっ!
 いつもヒィヒィいってるのは、早川じゃねぇか!」
 早川さん、ムッとした顔になった。
 すごく怒ってるみたい…。
「わかったわ」
 すっくと立ち上がると、早川さんは腰に手を当て、ブータを真正面から睨んだ。
「そんじゃ、どっちがウソつきか…。
 勝負よっ!」
「お、おうっ!」
 ブータは早川さんとデキることになって、嬉々と応えてた。
 側にいるボクと美代ちゃんは、ことの成り行きに、ただオロオロするだけ…。
「いいのね? みんなの前で勝負よ?」
「おうっ! のぞむところだっ!」
「どっちが我慢できるか…」
 形のいい唇が、ニンマリ笑いをつくる。
「鈴代くんと勝負よっ!」
「…………え?
 えぇぇぇぇっ?!」
 な、ナニ?! いま、早川さん、なんていったの?!
「あたしの前で、ふたりがオナニーするの。
 先にイッちゃったほうが負け。
 勝った方とえっちしてあげるっ!」
 な、なんでそんな話になるんだろ…。
 ボクとブータは、ふたりして顔を見合わせた。
「どうよ?」
 早川さんは、ズイっと気高い顎を高くした。
「ど、どうって…」
 ブータは、しどろもどろに戸惑ってる。
 それはボクも同じ。
 だって、早川さんとブータの勝負が、いつのまにかボクとブータの勝負になってるんだもん…。
「なに? 逃げるの?
 鈴代くんに勝つ自信、ないんだ?」
 早川さん、莫迦にした薄ら笑い。
 なんていうか…見とれちゃう美しさ。
 ただし、当事者でなければ…。
「やれやれ〜。逃げるな〜」
 なんて、周りの男子が囃し立ててる。
 もう、どうにも収拾がつかなそう…。
「う〜…わ、わかったっ!」
 退くに退けないブータは、悲鳴をあげるみたいに叫んだ。
「鈴代っ! 勝負だっ!!」
「えぇぇぇぇっ?!」
 ボクはもう…なんていうか…なんていったらいいか…。
「そういうことだから。
 鈴代くん、がんばってね?」
「えぇぇぇぇっ?!」
 驚きと悲鳴と困惑の混ざった声しか、でなかった…。

「引き分けだったらどうするんだ?」
 ブータが憮然と、早川さんにいった。
「引き分けって、同時に出ちゃったら?」
「まさか、勝者ナシって、逃げるワケねぇよな?」
 ニヤリ嘲笑うブータに、早川さんは愉快そう。
「ぷふ。まさか。
 でもそうねぇ…ふたりを相手に、ってのはどう?
 アンタと鈴代くんで、あたしをオモチャにすんの」
 お、オモチャって…。
 わざと過激な表現を使ってるんだろうけど…。
 うー、おちんぽ、ピコンとしちゃうよ…。
「腰が抜けても、アンタが満足するまでヤラせてあげる。
 ならいいでしょ?」
「オレがおまんこだぞ」
「いいわよ。それで」
「ウシッ!」
 なんだかブータは、もう勝ったみたいな声をだした。
 両手を縛られてなかったら、きっと拳を振り上げてるね。
 うん。そうなんだ。
 ボクとブータは観戦者に取り囲まれて、後ろ手に縛られてたんだ。
 公平を喫するため、ってコトらしい。
 まぁ、そうだね。
 出したら負けなんだから、摩らないでいれば勝てるモンね。
 で、後ろ手にボクとブータは縛られて、代わりに女の子がボクたちのおちんぽを摩ることになったんだ。
 ボクの担当は、美代ちゃん。
 ブータの担当は、森山 美津江(もりやま みつえ)さん。
 森山さんは、ボクらと同じクラスの女の子。
 クラスで一番、背が高くて、黒目がちで垂れ加減の目がちょっとかわいい。
 長い黒髪で、物静かで、母性的。
 それでか、静御前なんてアダ名があったかな?
 ちなみに、担当を指名したのは早川さん。
 背丈を合わせたのかな…?
 ブータと森山さんも、同じくらいの背丈。
 でもなんとなく、それだけでもないような…。
 なんとなくだけどね。
「美代ちゃんと森山さん、ちょっときてくれる?」
 早川さんがふたりを呼んで、ボソボソとなにやら打ち合わせてる。
 美代ちゃんが頬を染めて、チラッとこっちを見た。
 いったい、なにを話してるんだろ…?
「それじゃ、配置について」
 美代ちゃんと森山さんが、ボクとブータの側に戻る。
 早川さんはボクらの正面のテーブルに腰掛け、ためらいなくシャツを脱いだ。

 一糸まとわぬ早川さんの身体は、すごく美しかった。
 はじめてシたときは、全然、気づかなかったけど、プロポーションがすごくいい。
 背はボクよりちょっと高いくらいだけど、手足が長いせいか、全体的にスラッとした印象なんだ。
 それにポーズのせいか、目の錯覚か、少女らしい身体つきが、妙にオトナびて見える。
 見惚れちゃうくらいキレイ…。
 ていうか、見ているだけで、おちんぽがピョコンってしちゃう。
 続いて、美代ちゃんと森山さんもシャツを脱いだ。
「おぉっ!」
 なんて、男子たちの声。
 クラスで一番発達してるってウワサ、ホントだったんだね。
 森山さんの胸、オッパイって感じで、揉めるくらいに発達してた。
 でも考えてみたら、ちょっとヘン。
 体験教室では裸が原則なんだから、みんな見てるハズだもん。
 まぁ、全員の裸を見て回るワケでもないけどね。
 それとも、アレかな?
 みんなの前で脱ぐ、ってことが男子を色めきたたせたのかな?
「鈴代くん…」
 美代ちゃんは、ちょっと不安げだった。
「あはは。だいじょうぶ、だいじょうぶ…」
 他になんていったらいいか、わかんなかったよ。
 がんばるからねっ!
 なんて、ヘンだし…。
 だって、勝ったら、ボクは早川さんとえっちしなきゃいけないんだよ?
 ボクはかまわないけど…美代ちゃん、イヤがるよね…きっと。
 でも負けたら、早川さんはブータのオモチャ…。
 早川さんと美代ちゃんは友達同士だから、それは美代ちゃんも望まないよね。
 でも、勝ったら…う〜…。
 ホント、なんでこんなコトになってるんだろ…。
「ほら、ふたりとも! 自然体、自然体!
 肩幅くらいに足ひろげてっ!」
 早川さん、すっごく余裕あるね…。
 ニコニコしてるよ…。
 ボクはもうなにがなんだか、…ヘンな汗ばっかり…。
「フッ!」
 って、ブータが、鼻でボクを嘲笑った。
 うん。わかってるよ。
 体格だって、全然ちがうんだもん…。
 チビで痩せた、いかにもモヤシなボクが、ゴリラとブルドッグの間の子みたいなブータに、勝てるワケないじゃない…。
 なんで早川さん、ボクを指名したんだろ…。
 うらめしく早川さんを見たら、早川さんもボクを見てた。
 …なんて…表情だろう…。
 かるく微笑んで、なにかを信じきってるみたいな、燐としたやさしい瞳…。
 ボクの勝利を信じてるのかな…?
 でも…なら、なんで、ちょっと寂しげなんだろ…?
 やっぱりボクが負けること、どっかで心配してるのかな…。
 ボクが負けたら、ブータのオモチャだもんね…。
 あんなこととか…こんなこととか…。
 ボクはこっそり見た、深夜のテレビ映画を思い出してた。
 エッチな映画で、女の人が殴られたり、ロープで縛られてたり…泣き叫んで、リョージョクされるんだ。
 ボクは女の人が可哀相で、すぐテレビを消しちゃった。
 う。うん。そうだね…。おちんぽはしっかりピョコンしてた…。
 と、とにかくっ!
 ボクが負けたら早川さんは、ブータにあんなメに合わされちゃうんだよ?
 そう。あの女の人みたいに早川さんが、ブータに殴られて、ブータにロープで縛られて、ブータにムリヤリ、汚いおちんぽを突っ込まれて…リョージョクされて…。
 テレビの女の人を早川さんに重ねたら、ギュッっと、なんか、胸が苦しくなった…。
「お、おい、森山! 強く握りすぎっ!」
 ブータの怒声で、ボクはハッと気を取り戻した。
 なんだかわからない勝負は、ちゃくちゃくと準備が進行していて、森山さんがブータの後ろから手をまわし、股間を掴んでた。
 ボクも同じ感じで、美代ちゃんの手に根元を掴まれていた。
「それじゃ、はじめるわねっ!」
 テーブルの上に立つ早川さんが、そう宣言した。
 その手からシャツが放され、音もなく床に落ちた。
 それが合図みたいに、勝負がはじまった。

0001431


[ Prev: 11 はじめての晩餐 ] - [ FrontPage ] - [ Next: 12.3 はじめての対決・中 ]


↑署名の御協力をお願いします。





当コンテンツの著作・配布の権利は、右巻きソフトウエアが所有しています。
al999 @ migimaki.com
Copyright(C) 右巻きソフトウェア http://migimaki.com/