トップ 差分 一覧 ソース 置換 検索 ヘルプ ログイン

萌え小説 08

うちの子ご自由にお描き下さい同盟



FC2 Links: 官能小説 小学生 ロリ ブルマー

はじめての告白


 ボクは体育館の壁にもたれ、見るともなしに、体育館の様子を眺めていた。
 足元には、ティッシュ箱。
 また“垂れてる”女の子がいたら、見つけて拭いてあげるんだ。
 いい作戦だよね?
 うん。そうだね。今のところ、発見率・成功率、ゼロ…。
 そう、うまくいくもんじゃないね。
 体育館の中は、えっちしている子たちもいたけど、してない子たちの方が多くなってた。
 なんか、フツーの休み時間みたい。
 男子同士、女子同士、仲のいいもの同士で話したり、フザけあったりしてる。
 ふと、体操着のシャツを腰につけた男子に目がとまった。
「化粧まわし〜」
「ばっかねぇっ!」
 女の子相手にフザけてるのを見て、ボクは思わず、クスっとしちゃった。
 ボクとおんなじこと、考えてるんだもん。
 うん。そうだね。
 あんなふうにすれば、みんなと打ち解けられるんだろうね。
 フザけてる男の子はたしか、清太くん、だっけ?
 ブータと同じガキ大将タイプかな。
 苦手なタイプだけど、一緒に遊べたら、楽しいだろうなぁ…。
 そんなふうに立ってたら、佐藤さんがボクの隣にやってきた。
「すこし、疲れちゃったね」
 佐藤さんは、ボクの片思いの女の子。
 今日はすれ違いばっかりだったから、やっと話せる機会がきた。
 でも、なにを話せばいいんだろ…。
 ボクはドキドキして、自分の鼓動が聞こえてくるみたいだった。
 そうだ。佐藤さん、“垂れて”ないかな?
 ボクは横目に、佐藤さんの様子を探ってみた。
 佐藤さんは体操着のシャツだけを着ていて、下はなにも履いてない…。
 だけど、シャツの裾が股間を隠してて、股間の様子はわからなかった。
 わからないけど…白い裾から、にょっきり伸びた、素足の太股…かわいいなぁ…。
 ボクは佐藤さんの視線を感じた気がして、慌てて目を正面へ戻した。
 そして、なんだかわかんないなことを口走ってた。
「も、もっと、えっちばっかりしてるのかと思ってた」
 佐藤さんはボクの言葉に、鈴が笑うみたいな笑顔を作った。
「あはは。そんなことしたら、疲れて死んじゃうよ?」
「そ、そうだね」
 えっちするのって、とってもエネルギーがいるよね。
 気持ちいいけど、終わったあとは、すごく虚脱感があるもん。
 そういえば、今日は何人の子とえっちしたんだろ…。
「鈴代くんは、はじめて?」
「う、うんっ! 朝まではっ!」
 なんだよ、もう…“朝までは”って…。
「びっくりした?」
「う、うんっ! き、気持ちヨクって、頭が真っ白っ!」
 も、もう…なに口走ってるんだよ、ボクぅ…。
 それに頷いてばかり。
 こっちからも、なにか聞いてみなくちゃ。
「さ、佐藤さんは? はじめて?」
 あう…。女の子に聞くようなコトじゃないよ…もう…。
「ううん。二回目。去年以来かな」
 佐藤さんは機嫌を損ねるでもなく答えてくれた。
 あう…。なんでこうなんだろ…。
 少しは女の子に馴れたつもりだったのに…。
 佐藤さんが相手だと、どうしてもアガッちゃう…。
「鈴代くんがきてるなんて、びっくり。
 マジメそうで、興味なさそうだもん」
 ボクにとっては、佐藤さんの方が意外だよ。
 清純なお嬢様、って感じだから。えっちなことなんか、しそうにないもの。
「さ、佐藤さんも、参加してたんだね」
「だってあたし、学級委員だもん」
 あ。そういえばそうだった。
 学級委員だから、しかたなく参加したのかな?
「でも、えっちはキライじゃないよ?」
「そ、そうなんだ」
 春子お姉さんに続いて、ちょっとショック。
「うん。男子なんか、やさしくなるし」
「やっぱり、みんなそうなんだね」
 なんか、下心ミエミエ…。
 佐藤さんが見つける前に、足元のティッシュ箱をどうにかしたい…。
「うん。体験教室のあとは、みんなね。
 やさしくおとなしくなって、親切って感じ?」
 あれ? 佐藤さんのいった意味、ボクの受け取りとはちがうみたいだよ?
「文太とかね、ひどかったんだよ?
 イヤガラセばっかり!」
 文太はブータ。
 ブルドッグ顔で、――ホラ、いつもボクにちょっかい出してくるヤツ。
「スカートめくりしたり、体育のとき、ジャージをいきなり下ろしたり」
 あ。ジャージはボクもやられた。
 パンツまで脱げちゃって、クラスのみんなに嘲笑れたんだ。
 う〜…。イヤな思い出…。
「それが去年の体験教室のあと、すっかりおとなしくなったの。
 隣のクラスからちょっかいだされると、止めてくれたりね」
「ふ〜ん…」
 そういえば、そんなような気もするね。
 ボクにはあいかわらずだけど。
「おもしろいよね?」
「そうだね」
「……」
 ボクが頷くと、そこでフツと会話が途切れた。
 あう…。なんでいつもこうなんだろ…。
 せっかく、ゆっくり話す機会ができたのに…。
 気の利いたことが、なんにも思い浮かばない…。
「……」
 うん。そうかもね…。やっぱりボクでは釣り合わないんだよ…。
 仕方なしにボクは、会話が途切れたまま、佐藤さんと並んで体育館を見ていた。
「鈴代くん、鞘子ちゃんとシたんだよね…?」
 佐藤さんがオズオズといった感じで聞いてきた。
「う、うん。早川さんがはじめて…」
 なぜだか、早川さんの人懐っこい笑顔を急に思い出した。
「鞘子ちゃん、気持ちよかったでしょ?」
「佐藤さんも、早川さんとしたことあるの?」
 佐藤さんは、かわいい目をまん丸くして、吹き出した。
「するわけないじゃない〜。
 女の子同士だよ〜〜」
「そ、そうだよね。アハハ」
 笑われて気恥ずかしい。でもボクは、かわいい笑顔を見れて、ちょっとうれしい。
「ウマいんだって、男子がいうから。
 鞘子ちゃん、学校で一番だって」
「うん、気持ちよかった…すごく…」
 ホントは、佐藤さんとシたかったんだけど…。
 そう思うと。
 なんか、早川さんに対してチクリとした感じ。へんなの。
「ボ、ボク、おまんこの中って、あんなに気持ちいいと思わなかった」
「ふーん…」
 と。そこでまた会話が途切れた。
 う〜…。やっぱり、佐藤さんに、早川さんとのえっちの話しなんて、よくなかったかなぁ…。
 でも、聞いてきたの、佐藤さんだし…。
「鈴代くんと…シたかったなぁ…」
「え…」
 ポツリ、呟いた佐藤さんは、ちょっとスネたみたいな感じだった。
 とんがらせた唇がかわいくて、ボクはキュンって…。
「ヤ、ヤダ、もうっ! 鈴代くんってばっ!」
 佐藤さんは急に、真っ赤になって顔を隠した。
 指間の視線をたどると、おっきくなって、ビンッと勃ったボクの股間…。
「アッ、ワッ!」
 慌ててボクは、シャツの裾で股間を隠した。
 自分の耳が真っ赤になったのがわかる。
 佐藤さんも同じ。
 小さな手からはみ出した、ふっくらの頬は赤くて、耳も真っ赤。
 ハの字の眉はただ困ってて、照れてるみたいにも見えて、かわいかった。
 佐藤さん、“ボクとシたかったって”、いってたよね…。
 もしかして、自分の言葉への照れ隠しだったのかな…?
 なんか、急に込み上げるものがあって、なんか今しか、自分の気持ちを告白するチャンスは、ないような気がしてきた。
 ゆり先生も積極的になれっていってじゃないっ!
 うん。そうだよ。
 “好き”って伝えるのは、今しかないよっ!
「ボ、ボク、さ、佐藤さんが、す、す、」
 “好き”って、ただそれだけの言葉がなかなかでない。
「す、す、す、」
 って、言葉のもつれる自分に、ボクは心の中でエールを贈った。
 がんばれ、ボクっ!
 佐藤さんも、期待して待っててくれてるよっ!
「す、す、ス、スルっ?!」
 …………。
「…………」
 佐藤さん、マジマジとボクを見つめて。
 迷うように、床に視線を落としちゃった…。
 あぅ…なんでいつもこうなんだろ…。
 “好き”、っていおうとしたのに…“スル?!”って…。
 えっちしたいだけって、ゲンメツされちゃったんだ……。
 ガックシ…。
 肩からホントに力が抜けて、これまでの人生でも、はじめてみたいな重いため息がでた。
 と。
 あたたかい感触が、股間を隠す、ボクの手にふれた。
 佐藤さんの手だ…。
 その手はボクの手を撫でたどり、ボクの棒を戸惑うみたいに撫で始めた。
 あったかい指で、柔らかく包んで、ゆっくり、モジモジ、摩ってくれる。
 佐藤さんの手が、摩ってる…。
「す、鈴代くんも…」
 佐藤さんは赤い頬の横顔を向けて、自分のシャツの裾を捲くり上げていた。
 ぽっこりしたお腹と、なにもつけていない裸の下半身…。
「う、うん…」
 ボクはオズオズ、戸惑うように、曝け出された股間にふれた。
 そしてそのまま、ツルンとした丘を撫で、割れ目を指でなぞりはじめる。
 赤い頬の上から、佐藤さんがチラッと視線を投げてきて、ボクはついそっぽを向いちゃった。
 お互い意識しすぎちゃってるみたいで、そのまま、顔を背けあって、お互いの股間を撫であった。
 なんか恥ずかしくて、佐藤さんの顔をみれない。
 それでも気になるから、チラチラと視線だけ向けて、佐藤さんの様子を伺う。
 佐藤さん、耳たぶがすごく真っ赤…。
 どんなに熱くなってるのかな…。
 唇で確かめてみたいなぁ…。
 桜色の小さな唇、リップでもつけてるのかな…。
 すごく、かわいい色…。
 キ、キス、してみたいなぁ…。
 そして佐藤さんとボクの視線が出会い、ぷいっとお互いまた外してしまう…。
 伺って…、視線を外して…何度か繰り返し…。
 少しずつ、近づいて…、やがて磁石が惹かれるみたいに、ボクと佐藤さんは唇を重ねた。
 佐藤さんの唇は、柔らかくて、すごく熱かった。
 唇を離すと、その熱さが恋しくて、…それはきっと、佐藤さんも同じ。
 どちらが先ともなく、すぐに唇を重ねちゃう。
「ちゅっ、ちゅっ…」
「はぁ……はぁ…」
 佐藤さんの唇も、ボクの唇も、同じ音と吐息を漏らす。
 ふたりともすごく興奮してるんだ。
 ただ無言で吐息だけを漏らして、性器を撫であって、キスを繰り返して…。
「ンっ…」
 ボクの指がヌルッとおまんこの穴に滑り込み、佐藤さんが呻いた。
「い、いたかった?!」
「ううん…ぁ…ハァ…」
 ボクはすぐに指を離そうとして、佐藤さんの心地よさそうな吐息がそれを止めた。
「き、気持ち、いいの…?」
「…うん……気持ちいいよ…」
 はにかんだ頬がかわいくて、ボクはおまんこの指を、ゆっくり、浅く出し入れさせた。
「…はぁ…はぁぁ……」
 かるく目を瞑って、佐藤さんが心地よさげな吐息を漏らす。
 ボクはだんだんに、深く指をおまんこに入れ、中を撫でるように掻き出す。
 深さを変えたり、掻きだす加減を変えたり…。
 ボクの棒を摩る佐藤さんの手も、それに合わせて変化する。
 強く握ったり、かるくねじるように摩ったり…。
 微妙な力加減がとても気持ちいい…。
 そうしていたら、なんか、聞こえてきたんだ。
 くちゅ……くちゅ……。
「なんか、音がしてるよ…」
「キ、キスの音よ…」
「え? 佐藤さんのおまんこのトコから…」
 いいかけたところで、ボクの口が塞がれた。
 佐藤さんの唇が激しく吸いつき、舌が口の中に入り込む…。
 ボクはとてもびっくりしたよ。
 だって、こんなキスは知らないし、はじめてだもん。
 他人の唾が入りこんで汚いって、よぎったけど…気持ちよくて、興奮しちゃって…。
 ボクの口と舌も、同じように返しちゃってた。
 ボクの唾と佐藤さんの唾が混じり合って、ふたりの唇が音を立てた。
 ちゅぴっ…チュッ…ちゅぴっ…。
「ほら…ね? キスの音でしょ?」
「うん…もっと、大きな音たてよう…?」
 チュ、くちゅ…ちゅぷ…ハァ…チュ…ハァ…ハァ…。
 吐息と唇の音を混じらせて、舌と舌を絡めて、唇から零れる唾液を吸いあって…。
 互いの性器を撫であって、吐息を荒くして、互いの吐息に興奮して…それをずっと繰り返して…。
「ンっ…んん…」
 佐藤さんが唇を離し、フルフル、体を震わせた。
 なにが起きたんだろ…。
 ボクはポカンとしちゃった。
「えへっ…。イッちゃた…」
 ポカンとしたボクに、佐藤さんは、イタズラがみつかったみたいにいった。
 佐藤さんの股間を見たら、ボクの手は、佐藤さんのおまんこ汁でべちゃべちゃ…。
「女の子って、イクとこうなるんだ…」
 佐藤さんの足元に、かわいらしい水たまりができてた。
「お漏らししたみたいだね」
「す、鈴代くんの…ばかぁ…」
 真っ赤に染め上げた顔で、恨めしそうな上目遣い。
 こんな顔もかわいいなぁ…なんて、クスッとしたら…。
 ククって、細い指がボクの棒を絞りあげてきた。
 おちんぽは爆発寸前まで大きくなってたから、ボクは急激に射精感が高まってきた。
「あっ! さ、佐藤さん、…でちゃ…」
 堪らず、発した言葉は尻すぼみ…。
 ドドピュッ! ドピュッ! ドピュッ!
 おちんぽが噴火したみたいに、精液を宙に放ち、それは佐藤さんのお腹に命中した。
 佐藤さんもびっくりしたみたい。
 あっけにとられて、自分のお腹を汚す白い精液を見て、ボクの顔を見て…。
 くすっと笑顔を浮かべた。
「いっぱいでたね。うふっ。あったかい…」
 佐藤さんのかわいらしい指が、白い精液に穢れ、戯れる。
 その指はお腹から精液を掬うと、品のよい鼻に近づけられた。
 精液のキツイ匂いに、上品な鼻はヒクッとしり込みした。
 ぺろっ。
 桜色の唇から舌がのぞいて、指の精液を舐めた。
 そして、愛らしい唇が指を銜えこむ。
 ちゅぴっ。
 音を立てて、幼げな桜色の唇が、汚れた指をシャブる…。
 ボクは佐藤さんのひとつひとつの動作に、すごくドキドキしていた。
 なんか、無邪気な天使が、妖艶な小悪魔に一変した感じ…。
「精液、舐めたのはじめてっ!」
 佐藤さんはボクに、無邪気な笑顔をニコッと向けた。
 いまさっきとまた一変して、すごく無邪気な笑顔。
「お、おいしかった…?」
「ん〜。
 カルピスみたい…かな…。口当たりは」
「カルピス…」
 そういわれても、ボクは絶対舐めたくないけどね…。
「甘くないけど。
 カルピスの原液、そのままって感じ…?」
 佐藤さんの愛らしい指先が、桜色の唇をあどけなく弄ぶ。
 なんか、おかわりをネダってるみたい…。
「うん。鈴代くん味のカルピスねっ!」
 佐藤さんはまた、ニコッと笑った。
 無邪気になったり、妖艶になったり…。
 うん。そうだね。
 だから女の子には、いつも目を奪われちゃうんだね。

0001704


[ Prev: 07 はじめてクラスメイト ] - [ FrontPage ] - [ Next: 09 はじめてのギュンッ?! ]


↑署名の御協力をお願いします。





当コンテンツの著作・配布の権利は、右巻きソフトウエアが所有しています。
al999 @ migimaki.com
Copyright(C) 右巻きソフトウェア http://migimaki.com/