小噺「支那」



小噺 「支那」

        作・虹色林檎脳炎


 くだらない噺を一席…。

 え〜。
 江戸の昔には、“なくても困らない数字”というのがございまして〜。
 そこから転じたのが「893(ヤクザ)」もん。
 当時は釣り銭が面倒なこともあって、ハンパな数字は使わない。繰り上がりにしか使い道がない。それで“なくても困らない”というワケです。
 時は流れて現代…。
 少しでも安く見せようってんで、逆によく使われる。
 スーパーのチラシじゃ、目にしないことがない。
 えらく出世したモンで、“なくては困る数字”になっておりますな。
 だからってワケじゃないでしょうが、代わりにいわれだしたのが「47(シナ)」。
 毎日新聞じゃ、禁止語になるくらい。
 嫌われたモンですなぁ、「47(シナ)」。
 さて。
 ここにひとり、喫茶店でえらく怒っている男がおります…。
「おい! マスター!」
「はい、なんでしょう?」
「なんでしょうじゃねぇよ!
 なんだよ、こりゃ!」
「はぁ…」
「はぁ…じゃねぇって!
 頼んだモンとちがうっていってんだよ!
 オレが頼んだのは、“本日のおすすめ”だよ?
 えらくご大層な茶碗が出てきたと思ったら──、中身がねぇじゃねぇか!
 空っぽだよ、空っぽ!
 カラの茶碗だしてきて、ナニ飲めってんだよっ!!」
「お言葉ですが、お客さま。
 それがおすすめの中国茶・なくていい“47(シナ)もんティー”でございます…」

 …お後がよろしいようで。

◆特別付録 : なくてよい支那IPと韓国IPのdenyリスト

cnIP.txt krIP.txt

 ※.使用には、十分注意のこと



「支那」とは…

 「支那」は差別語ではありません。
 単なる地域名です。
 あの地域一帯は、王朝が変わる度に国号が変わるため、一定した呼び名がありませんでした。
 そのため、支那の知識人が作り出したものです。
 「過去に抗議があった」という話を聞きますが、これはミスリードを狙ったものです。

 清が崩壊して以後、国号が定まっていない時期がありました。
 そのため、日本でも「支那」を使用していました。
 しかし、支那に新政府ができると、新政府から要望がきたのです。
「"中華民国"という国号ができたので、以後、国号を使用してほしい」
 なるほどもっともです。
 たとえば、Sさんの家に赤ちゃんが産まれたとします。
 名前ができるまでは「Sさんの赤ちゃん」でもかまわないでしょう。でも名前ができたのなら、「○○ちゃん」と呼ぶのが好ましいでしょう。
 日本はこの要望を受け入れ、「できるだけ"中華民国"を使うように」と通達をだします。
 しかし、「支那」を禁止語にしたわけではありません。
 実際、支那の知識人は、「中華民国ができたからといって、清や元、秦、漢といった過去の文化をすべて自分のものと称するのは、おこがましい」といっています。

 時は流れて現在。
 中華民国は台湾へ移っています。
 中華民国が"台湾"なら、中華人民共和国を"支那"と呼んでもおかしくありません。

 「支那」は差別語ではありません。
 「支那」を差別語とする毎日新聞は、新たな差別を作り出しているといえるでしょう。


0000397






いらっしゃい♪