トップ 差分 一覧 ソース 置換 検索 ヘルプ ログイン

萌え小説 12.8

うちの子ご自由にお描き下さい同盟



FC2 Links: 官能小説 小学生 ロリ ブルマー

はじめての対決・後編


「ク、クソォ〜〜〜〜ッ!!」
 って、物凄い悔しそうな怒声で、ボクは気を取り戻した。
 床には白い水滴みたいのが、ちょっとした溜まりを作ってた。
 ボクのかな?
 よく飛んだなぁ〜、なんて思って、タイルの直線を辿ったら…。
 息を荒らげたブータが、真っ赤な顔で、早川さんを睨んでた。
「ズ、ズルイぞぉ〜!
 森山の方が、ウ、ウマイの知ってて…」
「だったら、なんでさっきいわなかったの?」
 ペロッと、早川さんは指についてる自分のお汁を舐めた。
「うっ」
「それに、気持ちヨカったんでしょ?
 ならいいじゃないっ!」
 ニッコリ、太陽みたいな笑顔。
 ブータはもう口をパクパクさせるだけで、涙がジンワリ溜まってた。
「う〜…森山ぁ〜…」
 ブータは涙目の情けない顔を森山さんに向けた。
 森山さんはそんなブータに、ニッコリ、微笑む。
「うん。シよ?」
 と。森山さんはブータの肩を撫でなで、食堂から連れ出していった。
 ん〜。なんだかわからないけど、勝ったみたいだね…。
 どーでもいーことだけど。
 うん。そうなんだ。
 ボクはもう、勝負なんてどーでもよくて、身を寄せてる美代ちゃんのことだけしか頭になかったんだ。
 美代ちゃんは潤んだ瞳で、ひたすらボクを見つめてて、またボクのおちんぽを摩ってくれてた。
 “生殺し”と“待った”の苦しさも、だんだんに癒えてきていて…ていうか、ヤル気を回復してきて、早く美代ちゃんと繋がりたかった。
 たぶん、美代ちゃんもそう。
 だから自然と、ふたりで唇を近づけてた。
「鈴代くん、シよ」
 燐とした声が、ボクと美代ちゃんの間に割り込んだ。
 穏やかだけど、冷たい目。
 早川さんが、美代ちゃんを見つめてた。
 ボクはなんとなく、猫が威嚇する時の目を思い出してた。
「あ、あたし……」
 美代ちゃんの口から、続く言葉が消えた。
 そして、なんだか腰が抜けたみたいな感じで、食堂から出ていった。
「美代ちゃん…っ…!」
 ボクはすぐに美代ちゃんを追おうとした。
 けれど、両手は後ろ手に縛られてるし、股間は限界までおっきくなってるし――。
 なにより早川さんの言葉が、ボクの足を止めさせた。
「ぷふっ。両手に花ね。
 負けた方がよかったみたい」
「…………」
 ボクは憮然と、早川さんの方に向いた。
 食堂の中は、どこもかしこも、えっちしている子ばかりだった。
 たぶん、ボクとブータの勝負にアテられちゃったんだろうね…。
 ボクたちを誰ひとりと気にせず、夢中でえっちに没頭してるみたいだった。
 そしてその中心のテーブルに、早川さんは腰掛けたまま、自分の性器をイジくるともなしに、イジっていた。
「鈴代くん、スゴイのね…。
 美代ちゃん、イッちゃって、腰抜けてたわよ?」
 なにがおもしろいのか、早川さんはニコッとした。
「おちんぽ摩って、愛撫してただけなのにね」
 人懐っこい笑顔は、厭味にしか見えない。
「ウフフ。この穴、鈴代くんのモノね…。
 ねぇ、早く入れて?」
 指で割れ目を拡げられたおまんこは、ぽっかり、中への入り口まで開けてた…。
 イキリ勃ったままのボクのおちんぽは、入りたがってウズウズしてる…。
 だけど、おちんぽばかりじゃない。
 ボク自身、ゴクンと喉を鳴らしちゃってた。
「い、いいよ。えっちシない…」
 そりゃ、えっちしたい衝動は強かったけど…。
 最初から最後まで早川さんに振り回されて…。ボクはひとつぐらい、なにか仕返しがしたかった。
「鈴代くん、勝ったんだよ?
 あたしとシたくて、がんばったんでしょ?」
「も、もともと、ボクの勝負じゃないもの。
 勝ったのは、…早川さんだよ」
「じゃ、あたしに賞品ちょうだいよ」
 早川さん、ちょっとムッとしたみたい。
 鼻に皺をよせて、口を尖らせてる。
 そんな顔もかわいいと思うけど…じゃなくて、ゴマかれないけどっ!
「ボ、ボクはモノじゃないもの。
 “賞品”だなんてヤダよっ!」
 つい強い口調でいったら、ボクのエンジンがかかっちゃった。
「それに、さんざん楽しんだでしょ?
 ブータやボクや美代ちゃんや森山さんや…。
 みんなをその手の平で転がしてっ!」
「……ぷっ!」
 ボクは本気で怒ったのに、早川さんは吹き出して、大きな声で笑いだした。
「アハハッ! なにソレっ?!
 全部、あたしのせい?!
 気持ちヨガッてた、ク・セに〜♪ 正義感強いのね〜♪」
 う。そ、そりゃ、大本を辿れば、ブータが絡んできたことが原因だけど…。
 ボクもおちんぽ腫らしたままで、大きな口きけないかもしれないけど…。
「ねぇ、鈴代くん…?」
 早川さんは両膝を抱えた。
「ホントにあたしと、えっちしたくないの…?」
 そっぽを向いた顔は、いまにも泣きだしそうなくらい哀しそう。
 うん…。ちょっと、言いすぎた…かな…。
「はじめてのとき、覚えてる…?
 気持ち、よかった…?」
「お、覚えてるもなにも…」
 今日のことだし…。
 あんな気持ちよかったコト、…イヤでも身体が思い出しちゃう。
 でも、なんでそんなこと持ち出すんだろ…?
「ねぇ、見て、ホラ」
 ツラれて見た先は、抱えられた膝の下…。
 合わさってた脛は開かれ、白い太股と太股の間に、拡げられたおまんこがあった。
 その早川さんのおまんこは、だらしなく口を開けて、はしたなくお汁のヨダレを垂らしてた…。
「あたしのおまんこ、鈴代くんのおちんぽを、待ってるのよ…。
 すごく気持ちヨクしてあげたいって…」
 ボクは、おちんぽがギンッと硬くなるのを感じて、ギュッと目を瞑った。
「シ、しない。したくないっ!」
 早川さん、ウソ泣きしてたんだ…。
 ボクはすごくショックだった。
 だって早川さんは、ボクにやさしくえっちの仕方を教えてくれて、明るくみんなを楽しませてくれて、それで…それで……こんな騙し方…ひどいよ……。
「…………」
「…………ぐすっ」
「ほぅら、鈴代く〜ん♪
 さよちゃんのおまんこでちゅよ〜♪
 おちんぽ、チュプ、チュプ、一緒に遊びましょ〜♪」
「早川さん、いい加減にっ――」
 って、そこまでいって、ボクはギョッと、なにもかも引っ込んじゃった。
 だって瞑ってた目を開けたら、早川さんが間近にいて、顎の先をボクに向けてたんだもん。
「アンタが、そんな莫迦だと思わなかったっ!」
 ば、莫迦って…。
 なんでそーゆー結論になるんだろ…?
「思ってたとおりのリクツ屋で、イイ子ちゃんの泣き虫ガリベンっ!」
 ベーッと、早川さんは舌を出した。
 う、うん。かわいかったよね…。でも、そんなのはあとあとのコト。
 このときはもう、なにが始まったのか、皆目理解不能だったんだ。
「ガリベンならガリベンらしく、牛乳ビンの底みたいなメガネして、算数の教科書みてハァハァしてなさいよっ! ヘンタイっ!」
 ヘ、ヘンタイ?!
「あーもうっ! なんでこーなんだろっ!
 四角四面の甲斐性ナシばっかっ!
 ニンゲンはねっ、感情で動くのっ!
 アンタみたいなロボットニンゲンモドキは、フロッピーの穴にちんぽいれて歓んでればいいのよっ! へんたいたーれんっ!!」
「ふ、ふろっぴー…??」
 マシンガンのようにまくし立てられ、混乱したボクは頭がまっしろ。
 なんにも、言葉が浮かばない。
 うん。ボクは腕っぷしだけじゃなく、口先もてんでダメなんだ…。
 ボクはただ、スタスタと出口へ向かう早川さんを見送ってた。
 食堂のドアで、早川さんは振り向き。
「あんたとはもう、えっちしてあげないっ!!」
 ベーッてして、廊下へ消えてしまった。
 ボクはもうなにがなんだか…。
 なんで涙が溜まってるのかも、忘れちゃってた。

0001440


[ Prev: 12.3 はじめての対決・中 ] - [ FrontPage ] - [ Next: 13 はじめてのフロッピー ]


↑署名の御協力をお願いします。





当コンテンツの著作・配布の権利は、右巻きソフトウエアが所有しています。
al999 @ migimaki.com
Copyright(C) 右巻きソフトウェア http://migimaki.com/