トップ 差分 一覧 ソース 置換 検索 ヘルプ ログイン

萌え小説 番外01.0

うちの子ご自由にお描き下さい同盟



FC2 Links: 官能小説 小学生 ロリ ブルマー

はじめての小梅ちゃん




 ◆憧れのシャワー


「学校にくる前、お風呂に入ってきたひと〜」
 そういって小田先生が手をあげると、体育座りをしている生徒がそれぞれ手をあげた。
 初等部・四年二組の半村 太郎(はんむら たろう)もまた、みんなと同様だ。
「入らなかったひとはシャワーね」
 ショートカットでジャージ姿。
 いかにも体育会系な小田さやか先生は、目の前の生徒たちを見渡し、太郎たちのところでその眉をしかめた。
「それと清太(せいた)半太(はんた)大政(おおまさ)小政(こまさ)もっ!
 あんたたち、走り回って、汗ダクダクじゃないっ!」
 呆れたような叱責に、クスクス笑いが体育館に広がった。
 それなのに当の半太こと、半村 太郎は、シュンとなるどころか、ウキウキ、ワクワクだった。
 思惑どおりに、シャワー組。
 シャワー組では、憧れのゆり先生に相手をしてもらえるのだ。
 まさに計画どおり…。
 太郎は隣の清太とニンマリ、顔を見合わせた。

 はしゃぎ走って汗だくになり、シャワー組に回される。
 これは、清太と太郎が計画したことだった。
 そう回りくどいことをせずとも、風呂に入ってこなければいいだけだが…。
 それだとあとで、小田先生にこっぴどく叱られる。
“体験教室・当日には、必ず、お風呂に入ってくること。”
 案内のプリントに、しっかり書かれた決まりごとである。
 担任の小田先生は、約束ごとに特にうるさい先生なのだ。
 まぁ、太郎の場合、普段の行いもあるのだけれども。

 太郎は普段から、宿題もしないし、忘れ物も多い。
 いわゆるワルガキに属する。
 そして同じくワルガキの清太たちと、いつもツルんでイタズラばかり。
 つまりは小田先生の、頭痛のタネ。
 それはともかくとして。
 太郎は、女の子とえっちするのは、今日がはじめてである。
“正しくセックスを学び、積極性を養う、体験教室”
 何度か参加を予定していたのだが、なぜか決まって風邪をひいたり、熱を出したり…。
 今回はなんとか無事に、やっと参加することができた、というワケ。
 実のところ、ただえっちするだけなら、話しは簡単だった。
 同じクラスの澄子(すみこ)にいえば、イヤもなく、させてくれるだろう。
 澄子はどちらかといえば、かわいい方だ。
 スタイルもいいし、清太によれば、アソコの具合もこの上なく、気持ちいいらしい…。
 とはいえ。
 やっぱり“はじめて”は、特別なコトだ。
 好みの女性とシたい。
 それもとびっきりの美人で、おっぱいの大きい、ゆり先生がいい。
 緑川 ゆり(みどりかわ ゆり)先生は、全校男子の憧れだった。
 おっとりした天然ボケ。
 ソバージュの金髪美人。
 そして巨乳でメガネなのは、太郎的にかなりポイントが高い。
「うふふ。そんなことしちゃ、ダメよ?」
 なんて、人指し指を立てられ、天使の微笑を向けられると、誰だってその日の夜は、悶々と過ごすことになる。
(ゆり先生が“はじめて”なんて、オレってシアワセだよなぁ〜)
 世のオトコの子に漏れず。
 太郎もまた、夢多きお年頃なのである。

「あら。姫川さんもなのね。
 体の調子でもわるい?」
 手をあげなかった女の子に、小田先生が心配そうに聞いていた。

 体操着姿の女の子は、黒髪のおかっぱ。
 地味なのに目を惹くのは、その背の低さからだった。
 クラスどころか学年でも、いちにを争うほど低い。
 ともすれば下級生に間違えられてしまう。
「だ、だいじょうぶ…」
 女の子はか細い声で、頼りなく答えた。
 そんな様子を見て、太郎は小梅のことが、ちょっと気にかかった。
 体があまり丈夫ではなく、すぐに熱を出すからだ。

 姫川 小梅(ひめかわ こうめ)は、太郎の近所に住んでいる。
 母子家庭で看護婦の母親。
 その仕事柄、夜勤も多い。
 小梅自身、体が弱いこともあって、どういう縁なのか、太郎の家で面倒をみることもしばしば。
 太郎にとっては、妹同然の女の子だった。
「小梅にさせてもらえよ」
 清太はからかい半分にそういうが…。
 太郎にとって、小梅はそういう対象ではない。
 幼い頃から一緒にご飯を食べ、一緒に風呂に入り、一緒の布団で寝ることもある。
 かわいいと思わないこともないが、それは妹や子猫に対してのソレだった。
 第一、小梅の身体は、まるっきりの幼児体形・ツルペタである。
 これじゃ、おちんぽが勃つ事なんて、あるハズがない。
 そんな感じで太郎は、決まって鼻で一蹴するのだった。

「それじゃ、行きますよ〜」
 ゆり先生がシャワー組へ出発を告げた。
 その体操着の胸の大きな膨らみを見て、太郎の頭から気がかりは消え失せていた。


 ◆トゲトゲ


 シャワー組がシャワー室へ向かう途中、太郎はすぐに、グループから取り残されていた。
 歩みの遅い、小梅に合わせていたからだ。
 よくあることなので、太郎は気にもしていなかった。
 ワルガキ仲間と遊んでいても、小梅は太郎についてくるし、遠足なんかの学校行事でもそうだ。
 そして決まってはぐれて、ひとりぼっちでベソをかく。
 そんな小梅をなだめるのは、ひと苦労。
 だから小梅の足に合わせるのは、自然と身についたクセだった。

 シャワー組の目的地もわかっているし、広いといってもたかが知れている校舎内。
 そう慌てることもない。
 太郎はこれからすることになるであろう、ゆり先生との、めくるめくえっちを想像しなから、廊下を鼻唄まじりに歩いていた。
 と。太郎はひとりで歩いてることに気づいた。
 小梅の姿は、廊下のずっと後ろ。
 ポツンと立ち止まっていた。

 体操着姿の小梅は、シャツの裾を両手で絞るように掴み、いまにも泣きだしそうに俯いていた。
 お陰で紺色のブルマの上に、色白のポッコリお腹とおヘソが丸見え。
 太郎はそんな小梅を見て、オバケ屋敷に入ったときを思い出した。
 小梅の仕草は、まるっきりそのままだったのだ。
「なんだ、コワイのか?」
 傍によると、太郎はそう声をかけた。
「こ、こわいよ……」
 小梅はよほど不安なのか、心なしか青ざめ、声ばかりか体まで小さく震えていた。
「…だって……は、入ってくるんでしょ…。ぉ、おまんこの中に…」
 “入ってくる”とは、当然、おちんぽのことだろう。
 “はじめて”がこわくなって、直前でグズり出す子もいる。
 澄子からも聞いていたので、太郎は別に驚きもしなかった。
 というより、小梅は太郎とちがって、とても大人しい女の子だ。
 だからその方が小梅らしい。
「こわくないの…?」
 言葉足らずに、小梅が太郎の心境を聞いてきた。
 女の子はイタイとか聞いたことはあるが、男でそんなこと、聞いたこともない。
 太郎はいつものように、おちゃらけて答えた。
「オレ、いれるほうだし〜。
 中がトゲトゲだってぇなら、話はべつだけどな〜」
「……と、トゲトゲ、…なんだって…」
「え?!」
 小梅の言葉に、太郎は耳を疑った。
 それがホントなら、トゲトゲのおまんこの中に、自分のおちんぽを入れることになるのだ。
 想像するのもおぞましい…。
「ね、ねこ…。ネコのおまんこの中、トゲトゲなんだって…」
 太郎は心底ホッとして、胸を撫で下ろした。
「なんだ…ねこか…。
 おまえ、ネコ好きだなぁ〜」
 小梅はアパート暮らしなので、猫は飼えない。
 太郎の家に来ると、いつも猫とジャレあっていた。
「本で読んだの。
 ネコの中はトゲトゲで、オスはとってもイタイんだって」
 まさかとは思うが。
 イタイといわれると、聞き返さずにはいられない。
「おまえの中、トゲトゲなのか…?」
 ふるふる。
「ち、ちがうよ。トゲトゲじゃないよ。…たぶん」
「た、たぶんって」
「だって…見たことないもん…。
 鏡に写しても、わかんないし…。
 い、入り口ぐらいは…さわったことあるけど…奥までは、わかんないし…」
 小梅は口ごもるようにいうと、急にソワソワしだした。
「へぇ…。おまえ、オナニーすることあるんだ…」
「う」
 太郎はとても意外だった。
 どちらかというと、小梅は優等生タイプ。
 えっちなことをスルするどころか、考えることもしなさそうだ。
 なにより小梅の容姿は、どう見ても下級生。
 オナニーなんて行為が結びつかない。
 太郎はついつい、目を丸くして、小梅を見つめてしまう。
 そして小梅はというと、真っ赤な顔で居心地わるげ。
 チロチロ、目ばかりを泳がせていた。
「あ、あのね…た、太郎ちゃん…?」
 いいづらそうに、小梅は切り出した。
「た、たしかめて…みてよ…」
 なにをいわれたのか、太郎は目をパチクリ。
「へ? なにを?」
「トゲトゲ…、…ないか…」
 消え入るようなか細い声。
 それでもしっかり聞こえた太郎は、どう返事をしたものか、戸惑ってしまった。
「え…えと…」
「ねぇ、太郎ちゃん…。
 小梅のおまんこ、トゲトゲないか、確かめてよぅ…」



0002212


[ Prev: はじめてのあとがき ] - [ FrontPage ] - [ Next: ツルンの中 ]


↑署名の御協力をお願いします。





当コンテンツの著作・配布の権利は、右巻きソフトウエアが所有しています。
al999 @ migimaki.com
Copyright(C) 右巻きソフトウェア http://migimaki.com/